上野公園の桜 5時からシートで場所取り 夜桜ライトアップはいつから?

上野公園の桜といえば東京都民の集中するスポットです。

いくら広い上野恩賜公園と言っても人が多いから人気の場所は確保が大変。

平日5時からの飲み会の場所取りならどうするのがいいか?

夜桜ライトアップはいつからいつまでなのか?

事前情報を収集した覚え書きです。

 

スポンサードリンク

 

 

上野公園の桜がライトアップされる時期、場所と桜が満開の時期は?

 

上野公園は東京のほぼ中心部にありながら非常に広い公園なので、サクラの花の満開の時期には大勢で花見に興じることができます。

会社の飲み会とかで数十人単位でビニールシートを敷いて飲み会してたりしますよね。

大勢でワイワイやるのはとても楽しそうです。

a0960_005602

 

ではいつ頃がいいのかといえば、東京の桜の見ごろは平均的に言えば3月のお彼岸の頃から4月10日過ぎくらいまでの3週間ほどですね。

以前はもう少し遅かったので、入学式の4月10日前後に十分に満開だったのですが、温暖化のせいか、4月1日前後に満開を迎えることが多くなっています。

おとなりの神奈川県より全般的に開花は早いです。

 

さて、上野公園で平日の夜に職場の仲間と花見の飲み会を開くとすると、具体的な日時はいつ頃がいいでしょう?

2000年代のここ数年の平均値で言えば、

上野公園の開花予想は3月26日、満開は4月3日です。

となると、

 

2015年のベストは4月3日の金曜日です!

 

この日に設定しておくと、満開、もしくは満開の盛りを過ぎて風に舞う花びらの中の宴会になる可能性が高いので盛り上がること間違いなしです。

 

ちなみに、上野公園の桜のライトアップの時期ですが、春分の日の前後の金曜日から始まり、4月の満開のころの日曜日まで行われます。

2015年は2015年3月20日(金)~4月5日(日) [ライトアップ] 17時30分~20時 になるはずです。

やはり4月3日がベストオブベストですね。

 

 

 

上野公園の夜桜を見るための場所取りのビニールシートはいつから?

 

さて、上野公園で大勢で花見をしようとすると、けっこう広い場所の確保が必要になります。

このためには、フラットな場所にビニールシートを敷いて、早めに場所取りをしておく必要があります。

 


ワイドサイズだから大人数で座れるレジャーやアウトドアで大活躍ワイド ブルーシート 5m × 4m …

 

何時ごろから行けばいいかといえば、

ベストはね、前日のライトアップの終わりごろです。

前日の夜桜見物をしている人たちの中でベストのポジションを確認したら、その周辺で待機して、その方たちが片付け始めたら、その場所を取らせていただきます。

 

このとき、目的を言って、協力してもらいましょう。

 

「我々は○○という会社の社員です。

明日の会社の飲み会のための場所取り部隊としてやってまいりました。

みなさんが引き上げられた後にシートを敷きたいのです。

よろしければ片づけをお手伝いさせていただけませんか?

片付けとともに我々のシートを貼らせてください。」

 

あまり早くから話しかけて腰を折っても申し訳ないので、20時前がいいと思います。

これを4月2日の木曜日の20時ごろにお願いするのです。

 

その日に飲んでいる方々の掃除に必要なビニール袋や箒を持っていきましょう。

片づけを手伝うのは歓迎されると思いますよ。

マーライオンの後片付けもあったりするかもですけど、そこは頑張りましょう。

 

この後がまた大変なのですけど・・・

スポンサードリンク

 

 

 

上野公園の桜の場所取り、徹夜番はできません、公園は閉め切られます。

 

上野公園では花見期間中(3月下旬から4月上旬)は23時 ~翌朝の5時まで立入禁止になります。

これは夜中に場所取りをする人がいると、さすがに人気が少ないので、場所取りしている人たちが犯罪に巻き込まれるのを防ぐためです。

徹夜での場所取りは出来ません。

 

しかし、シートを貼っておいても文句は言われないので、シートを貼って公園を後にすることになります。

この場合、できれば23時ぎりぎりまで残って場所取りをしてください。

そして、その場所を撮っている状態を携帯のカメラに収めておくことをお勧めします。

 

シートの上には、ビニール袋やペットボトルなどを入れたダンボール箱を最低でも四隅に、できれば中央にも数か所おいておくことをお勧めします。

 


【今売れています!】1ケースから送料無料 炭酸水 クオス 500ml×24本【即納】炭酸水 クオス 50…

 

ダンボール箱には、団体名を張り紙しておきます。

この場合、素直に会社名を貼るのではなくて、できればちょっと怖そうな名前にしておくとよいです。

(怖い系の団体さんの名前で「○○会」とかするのは手ですが、現実に存在する団体さんととバッティングしないように気をつけて。会社に大学の格闘系の運動部出身の人がいたらそれを借りるのも手です、○○大学空手部平成元年卒OB会、とか。)

 

どうして公園が締め切られるぎりぎりまで残ったり、写真を撮ったり、怖そうな名前のダンボール箱を置くかというと、帰った直後や翌朝の早朝に、その場所を取られてしまう可能性があるからです。

平気な顔してシートを引っぺがして場所取りされることがあるので、その対策です。

 

当然ながら、翌朝は5時に公園が開くと同時にその場所に行って場所取りします。

最低でも午前7時前には行って場所取りしましょう。

7時ごろから公園清掃が始まるので、シートの上に誰ものっていなければひっぺがされて捨てられます、ダンボールもごみ扱いです。

 

まとめると、前日の20時から出動して場所の確保、23時まで遅番、

5時から早がけ、そのまま17時まで場所を確保しながらシートの上に座っていましょう。

トイレに立つ、怖い人に脅されるなどを避けるためにも、最低でも2人、できれば数人で場所取りをしましょう。

 

 

 

上野公園の桜の花見の場所取り 数十人程度の場所なら朝5時出動でも

 

上に紹介した壮絶な場所取りの方法は、100人規模の花見スペースを確保するためには避けて通れません。

ですが、部署のメンバーだけで30人分程度であれば、前の日からとらなくても大丈夫、朝一番の場所取りで間に合います。

(4月3日の金曜日から4月5日の日曜日の場所取りに関してはかなり厳しい戦いになると思いますから、保証の限りではございません。)

 

朝5時に公園オープンと同時に入ろうとするには、そばで宿泊するか、24時間オープンのお店で徹夜して、時間を見計らって歩いて行かないと無理だと思います。

(どうせ宿泊や徹夜するのなら前の日から場所取りする方をお勧めします。)

 

a1840_000033

で、場所取り部隊の役目は、当日の花見の会のオープンまでで終了です。

そこまできちんと場所の確保ができていれば、少々お酒が入っていても問題ないと、私は思います。

朝から満開の桜の下で、広いシートの上で数人でゆっくりとお酒を酌み交わすのも乙なものです。

 

 

ヨッパで人事からの評価が下がった場合の対処は、自己責任でお願いします。(笑)

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です