グリーンスムージーの作り方 皮つきキウイでも飲みやすく作るには

グリーンスムージーを作るときには果物の皮は剥かない方がいいと言います。

皮のすぐ下にビタミンなどの栄養素が高濃度でつまっているから、とのことです。

でも、桃とかキウイとか、けっこう毛だらけな果物って、皮ごとミキサーにかけるのには抵抗ありますよね?

 

キウイや桃の皮の毛をどうすればいいのかの覚え書きです。

 

スポンサードリンク

 

 

グリーンスムージー皮ごとがお勧めって桃やキウイの毛が嫌だあ。

 

グリーンスムージーの基本は果物や野菜を丸ごとミキサーにかけることにあります。

多くの果物は皮の直下にビタミンとかミネラルとかが濃縮されているから、それを食べないのはもったいない。

野菜にしても、できるだけ総て食べる方が栄養をまんべんなく取れるから。

 

で、グリーンスムージーの意欲使われるキウイですけど、

あれねえ、見た目が、ワンちゃんのあれみたいでしょう。

あれって、あれですよ、これこれ。

 

1280px-Veronica_persica_060403Fw

“Veronica persica 060403Fw” by Strobilomyces – Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons – http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Veronica_persica_060403Fw.jpg#mediaviewer/File:Veronica_persica_060403Fw.jpg

 

この可愛い花の名前は「オオイヌノフグリ」です。

ま、詳しい意味はお父さんに聞いてね。(笑)

 

ということで、キウイって、短い毛がびっしり生えてるではありませんか。

あれがイガイガしないかなあってのが気がかりで。

 

実際に、スムージーを作るときには、キウイのたまげが気にならないような作り方のコツがあるのです。

あ!

たま毛って書いちゃった! (;´・ω・)

 

 

 

グリーンスムージーの材料の季節の果物は皮ごと食べるのが体に良い

 

グリーンスムージーに使う果物と野菜は、理想は生のものを、その季節の常温でいただくのがいいのです。

夏には夏の温度で、冬には冬の温度で。

夏には夏の野菜や果物、冬には冬の野菜や果物(ほとんど柑橘系ですね)です。

 

我々の体は自然に合わせて進化してきましたから、季節がめちゃくちゃな温室の野菜や果物ではなくて、

その季節に合わせた「旬の野菜や果物」を、その季節の室温でいただくのが一番いいのです。

そういう食べ方が一番効率よく栄養が取れるような体の能力を我々は持っています。

 

そして、果物は皮ごと食べるのがいいのです。

リンゴを皮ごと食べる人は多いですよね。

でも、私は、ナシも皮ごと食べますし、ブドウも、桃も皮ごと食べます。

 

その方が絶対に香り高くておいしいから。

 

でも、桃の場合はちょっと注意が必要で、あの短いびっしり生えた毛がちょっと苦手です。

だから、流水でよく洗って、毛を洗い流してからかぶりついてます。

(手で優しくこすれば毛はぽろぽろ落ちていきますよ)

 

スムージーにするときも同じ下処理が大事です。

流水で毛をよく洗い流してから、種とヘタだけを外して、皮と実をミキサーにかけます。

桃はそれでOKです。

スポンサードリンク

 

で、問題はキウイ。

a0008_002169

 

あれの毛は流水でごしごししても落ちません。

でも、皮ごと食べるのが良いとおっしゃる。

・・・どうすればいいのでしょうか?

 

 

グリーンスムージーの果物は冷凍してからミキサーにかけても大丈夫

 

キウイを皮ごとミキサーにかけるときにはコツがあります。

いったん冷凍してから、半解凍、あるいはそのまま、ミキサーにかけるのです。

これをやると、キウイのイガイガの毛がたくさんの皮が、気にならないレベルまで滑らかに粉々になるのです。

 

実際に試してみてください。

生のキウイを皮ごと使った場合と、皮ごと冷凍したキウイを使った場合。

同じようにミキサーにかけても、

 

冷凍した皮ごとキウイのスムージーの方が滑らかで飲みやすい

 

これは間違いないです。

 

どうしてそうなるのか?

科学的に検証したわけではないのですが、果物を冷凍すると硬くなりますよね。

あれは果物の細胞の中の水分が氷の結晶になるから、柔軟性を失って剛性を獲得して硬くなるのです。

 

その状態でミキサーで破砕すると、氷の結晶で引き伸ばされた状態のキウイの皮は、柔軟性がありません。

堅い状態はある程度の力にまでは耐えられますが、ミキサーの葉のように高速回転する金属には太刀打ちできません。

柔らかい生のままでミキサーにかけるよりももろいのです。

これはキウイの皮の毛に対しても同じことで、毛の中の水分が凍って柔軟性を失っているところでミキサーにかけられると、毛も粉々に破砕されるのです。

 

だから、キウイは皮をある程度洗ったら、ヘタの部分と芯の部分の硬いところを切り落として、縦に四つ切にして冷凍するのをお勧めします。

その状態でストックしておけば、ラップを外してミキサーに放り込んで、水を足してスイッチを入れるだけでOKです。

 

冷凍することで失われるビタミンと、皮をむくことで失われるビタミンを比べると、冷凍して皮ごと食べる方に軍配が上がります。

キウイが安いときに買ってきて冷凍しておけば経済的ですよね。

 

 

 

冷凍果物でロスしたビタミンはフレッシュな葉っぱ野菜で補充すればいい

 

グリーンスムージーの基本は、食物繊維もビタミンも糖質も全部余すところなくいただくことにあります。

本来であればよく噛んで食べるという行為をミキサーに代用させて、植物の丸ごと全部の栄養を吸収する。

これはものすごく効率の良い食べ方です。

 

だから、冷凍した野菜や果物を使っても、普通に生の野菜を調理して食べるよりも栄養はまんべんなく取れます。

だから、食べやすさ、飲みやすさを追求しましょう。

 

冷凍でロスしたビタミンは、生の葉っぱ野菜を入れることで補充できます。

お好みならパセリでも。(個人的にはパセリも冷凍してミキサーが好きだけど^^;)

 

もうひとつ、噛む時間を短縮するという利点から考えれば、皮ごと食べれば、

皮をむく時間を短縮できるという利点もありますよね。

 

いや、めんどくさいから皮ごと食べてるんじゃないですよ。

ええ、違いますも。

 

・・・・・・(;´・ω・)。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です