豆腐ダイエットレシピ 簡単で飽きないのはこれ

豆腐ダイエットは昔から人気のダイエット方法です。

でも、昔はカロリーが低いけどタンパク質が多いというのが売りでしたよね。

脂肪を減らしてタンパク質と糖質だけにすればいいんだという勘違い。

 

そんな勘違いを超えて、豆腐ダイエットは本当に綺麗に痩せることができます。

その簡単な方法を。カロリー制限はしません。

 

スポンサードリンク

 

豆腐ダイエットレシピ 基本は糖質制限、油はOKだから食べるラー油冷奴

 

豆腐の原料は大豆です。

大豆というのは昔から、畑の肉(インドで言われたのがが最初らしい)といわれるほど、タンパク質成分が多い豆です。

えんどう豆やインゲン豆とは全然違います。

 

そして、豆腐がダイエット食品としてもてはやされたもう一つの理由は低カロリーだから。

豆腐のカロリーは絹ごし一丁(300g)で168kcalしかありません。

豆腐一丁のボリュームってけっこうあるので、なんだか、お腹いっぱいなのに低カロリーって満足感がいいんですよね。

 

でもね、そこには落とし穴があります。

何度もこのブログで書いているけれども、大事なのは、栄養成分です。

豆腐がダイエットに適している最大の理由は、糖質(でんぷんや砂糖)の含有量がすごく低いからであって、カロリーが低いのは二の次なんです。

 

体脂肪の元になる食べ物は、糖質(でんぷんや砂糖)です、脂肪ではありません。

脂肪も体脂肪にならないわけではないけれども、シンプルに言えば、

糖質は食べたカロリーの8割が体脂肪に変換される。

脂肪は食べたカロリーの2割しか体脂肪に変換されない。

そう考えていた方が良いのです。

 

だから、冷奴にトッピングするときに、ネギと鰹節、まではいいんだけど、

そこに、美味しいからと、甘いそばつゆをダボダボかけてひたひたで食べたりしたら無意味なダイエットになるんです。

同じ量をかけるなら、桃屋の食べるラー油をかけた方がずっとヘルシーなんですよ。

 


桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g/桃屋/食べるラー油(おかずラー油)/税込2052円以上送…

 

この食べるラー油をかけた冷奴がめちゃくちゃ美味しいの。

だまされたと思って食べてみてください、驚くおいしさだから。

 

 

 

ダイエットレシピ簡単で効果的な糖質制限は豆腐、チーズ、お肉です

 

ダイエット、ともかくスリムになることが目的なら、それだけが目的なら、断食がいいんです。

ただし、これは見た目が悲惨になります。

皮膚は肌荒れが目で見てわかるレベルだし、目の下は黒くなるし、元気はないし。

なによりも、年齢よりも老けて見えます。

 

でも、健康的な外見のままで、そして実際に中身も健康なままで痩せようとすれば、一番良いのは糖質を食べないことです。

メカニズムは簡単に書けば、糖質を食べなければインスリンが出ない、インスリンが出なければ脂肪が増えないから、です。

スポンサードリンク

 

a0001_013698

ヘルシーに見える甘い野菜なんか、もっとも太りやすい食材の一つだと考えておいた方がいいです。

 

基本的に、人間は肉食のサルだったんです。

それもおそらくはスカベンジャーの肉食ね。

肉食獣が食べ残した骨にこびりついた肉とか、骨の中の骨髄とかを主食にして生き延びていた草原のサルが祖先なんです。

 


【楽天ブックスならいつでも送料無料】親指はなぜ太いのか [ 島泰三 ]

 

それが数百万年前のこと。

そして、70万年ほど前に人類の祖先は火を使うようになり、さらに肉をおいしく食べることができるようになったと考えられています。

 

それからずっと、肉食だったはずなんです。

狩猟採集生活をしていた旧石器時代までの数十万年、獣、鳥、魚、魚介類、そして何よりも昆虫が主な食事。

秋とかの実りの季節だけに野生の果物や豆やドングリも食べていた。

 

そんな人間の体に合ってるのはたんぱく質と脂質であって、炭水化物ではないのです。

炭水化物は、秋の実りの時期には喜んで食べるものだけど、ふだんは食べないものだったはず。

だから、たんぱく質が主体の大豆製品と肉、そして油を食べて、お米、小麦粉、砂糖を食べないようにするのがベスト。

 

という観点からすると、簡単に手に入れて食べることができる本来食べるべき食品は、

豆腐、プロセスチーズ、そしてできるだけ自然に育った獣の肉です。

おまけで葉っぱ野菜を少々。

 

で、実際にこれだけ食べてれば、毎日標準カロリー+20%ぐらいまでなら、食べても痩せます。

まちがいないです。 ←経験者語る

 

 

ダイエットレシピで簡単お菓子とかほとんどありえません

 

小麦粉、砂糖、米が糖質を豊富に含みます。

だからこれらはすべて、ダイエットの敵の食材なんです。

現代の普通の食生活から、この三つを抜いたものだけを食べていればほぼ痩せます。

 

でも、実際はとても難しいですよね。

毎日、米、小麦粉、砂糖を使った料理を避けると、食べるものなんてほとんどないのが今の日本です。

ダイエットレシピのお菓子とかたまにありますけど、論理的に無理です。

 

甘いものやふわふわしたものは基本的にデブの元。

甘いお菓子でおいしくて太らないなんてありえない、はず。

人工甘味料とか開発されていて、ある程度の効果はありますが、副作用の全貌がまだ明らかになっていません。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

実は簡単です。

糖質制限を一か月ぐらい頑張ると、甘いものが欲しくなくなります。←経験者語る。

 

ほんとに、そうなってから半年ぐらい経つと、劇的に痩せてる自分に気が付きますよ。

ぜひ、だまされたと思ってやってみてください。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です