洗濯物の臭いの取り方 タオルについて取れない雑巾みたいな臭い

 

洗濯物の臭いの原因の多くは、乾燥しきれない間に洗濯物の水分で繁殖した細菌が作り出す臭いです。

特に皮脂がこびりついていて、かつ吸水性の高いタオルや肌着のえり部分の臭いたるや・・・

そのこびりついた臭いを元から立つ方法と、すぐにできる応急処置について

 

 

スポンサードリンク

 

洗濯物の臭いの原因の細菌は水洗いだと復活するから殺菌が必要

 

夏になるとタオルの臭いが取り切れなくて困ります。

しっかり洗濯してカンカン照りのお日様で干しても、取り込んでたたんでおいておくと臭くなったりしますよね。

この原因は、タオルに染みついた細菌が、洗剤+水洗いでは取れないのと、お日様にあててもタオルの繊維の奥で紫外線に耐えて生き延びるためです。

 

a0001_017202

モラクセラ菌などの臭いの原因菌は、タオルを洗ってすぐや、お日様でカンカンに乾かした時にはおとなしくしているので臭いは発生しません。

でも、洗濯とお日様に耐え抜いた原因菌はタオルの繊維の奥で、わずかに残っている皮脂汚れを栄養にして、室内のわずかな湿気を水分として繁殖します。

このために、洗濯物を取り込んでタオルケースの中にしまっておいたら、いつの間にか臭いタオルがまたできてしまうのです。

 

これを防ぐには、臭いの原因菌を完全に殺してしまうことが重要です。

 

具体的には、高温+漂白剤が効果的です。

 

一般的な生物のたんぱく質が完全に変性するのは56℃以上の環境に30分以上置いたときだと考えられています。

ですから、60℃ぐらいのお湯にタオルをしばらくつけておくのが有効です。

さらに、塩素系の漂白剤には殺菌効果がありますので、そのお湯の中に漂白剤も追加しておくと、ほぼ完全に殺菌することができます。

 

ただし、この処置はタオルの色落ちを招き、生地も傷めますし、お湯と漂白剤を入れておく容器も傷めます。

色落ちしてもかまわないタオルにのみこの方法を、そして、漂白に使う大きなバケツを専用で用意してください。

(傷んでも良いものを、ということです。)

バスタブや洗濯機の中で高温のお湯+漂白剤処置はしない方が良いです。

 

また、漂白剤を入れたお湯の湯気を吸い込むのは気道を刺激しますし、過敏症のある人は危険です。

必ず、換気の良い場所でこの処置を行ってください。

スポンサードリンク

室内で行うのであれば換気扇は全開で。

 

 

 

 

洗濯物の臭い取り、煮て良い衣類なら漂白剤なしでも殺菌可能

 

タオルやお父さんの肌着などの、見た目を気にしないで使用する木綿の衣類であれば、ぐつぐつ煮てしまうのも良い方法です。

漂白剤に過敏反応する人はこちらを選んでしまいましょう。

大きなお鍋が必要ですし、それで料理をする気にもならないでしょうから置いておく場所も必要ですけど。

 

02 煮立った状態でとりだす

ただし、この方法をとる場合、衣類に染みついた皮脂+タンパク汚れが強く変性してこびりついてしまうこともあります。

もちろんぐつぐつ煮ることで落ちる汚れもありますが、えりの皮脂の汚れは薄くなるものの、全体的に広がるので、他のものまで黄色くなりやすいです。

 

この場合、ぐつぐつ煮る前に皮脂やタンパク汚れを落としておきましょう。

おすすめは、乾いた状態で、えりの皮脂などに液体洗剤(液体せっけんやシャンプーでもOK)をすりこんで、30分ほど置いてから普通に洗濯してください。

これでえりの皮脂汚れはかなり落ちますから、そこから煮てくださいね。

 

 

 

洗濯物の臭いを応急処置で取るにはアイロン+ファブリーズ

 

タオルや肌着ならともかく、ドレスシャツやパンツに臭いがついて取れない場合は煮るわけにはいきません。

この場合は56℃で弱めの漂白剤を使っての殺菌を何度か行う必要があります。

 

でも、今すぐに着たい服が生乾きでこの臭いが漂ってくるときにはどうしたらよいでしょう?

 

いちばんよいのは、アイロンをかけてしまうことです。

アイロンの熱でかなりの殺菌効果があります。

でも、生乾きのうちに発生した臭いの方は殺菌してもとれないので、ファブリーズなどのお世話になりましょう。

 

アイロンをかける前に、霧吹きしますが、そのときにリセッシュやファブリーズを使うのが効果的です。

アイロンとファブリーズで殺菌と消臭の二つの効果を得られます。

 

とはいうものの、これはシャツの縫目などの繊維が重なった部分の深いところに住み着いた細菌には届きませんので、次に選択するときには上に紹介したどちらかの方法で試してみてくださいね。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です