今年最後のスーパームーンをiPhoneで撮影してみた♪

昨日の中秋の名月は、残念ながら、雨で見えず。

でも、今日は朝から晴れて、夕方早くにはお月様もくっきり大きく、すごく大きく見えてる。

それもそのはず、今日は普段よりも15~20%大きく見えるスーパームーンの夜なのだから

 

スポンサードリンク

 

 

スーパームーンって何のこと?

 

僕が初めてスーパームーンという言葉を知ったのは、2011年3月のこと。

東日本大震災の後、最初に訪れた満月の夜、2011年3月20日が19年ぶりに観測される最も大きなスーパームーンだった。

それは、月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿のこと。

 

月は完全に演習気道で地球の周りをまわっているわけではない。

わずかながら楕円軌道を描いている。

地球から月までの距離は38万kmだとわれわれは習ってきたけれども、それは平均値であり、実際には遠ざかったり近づいたりしている。

 

地震の後、僕の住んでいた地域は計画停電の地域だった。

街灯すら消える真っ暗な夜道にぽっかりと浮かんだ月の、その輝かしいこと、神々しいこと。

その姿を我々に見せるために地震を起こしたのかい?

 

と、聞きたくなるほど鮮やかなスーパームーンまでの距離、その夜は35万6577キロメートルだった。

NASAの発表では、最も遠くにあるときの満月よりも約14%大きく見えたらしいし、明るさで言えば30%も明るくなっているとのことだった。

そんなスーパームーンが今夜再び見えているんだよ。

 

 

中秋の名月の夜は雨でした。

 

2014年の旧暦8月15日の中秋の名月の夜は昨日、9月8日だったのだけれども、残念ながら横浜は雨だった。

中秋の名月の夜は雨

雨に濡れた道路が悲しく光るだけ。

 

でも、今夜は晴れて、すごくよく見える。

都会の、工業地帯に近い都市だから、空気が汚いのはしょうがないけど、それでもこんなに良く見えたよ。

スーパームーンの夜は晴天

すごくくっきり。

 

月をアップにして撮影すると、こんな感じ。

スポンサードリンク

 

スーパームーン01

 

ちょっとコントラストが付きすぎだから、デジタル独特の調整で、見えているよりも大きく映ってしまう。

 

雲が流れてくるのを待って撮影してみたらこんな感じ。

 

スーパームーン02

ちょっと輪郭はぼやけてるけど、これがリアルなお月様のサイズ、と言っても周りに雲しかないからわからないよね。

 

周りの景色と合わせてみるということで、マンションの前の道路に出て撮影してみたよ。

 

スーパームーン03

これまた、葉っぱじゃわからないよね。

でも、iPhoneで撮影したにしては、いい感じで撮れてるでしょ。

取り方についてはむかしの記事に書いているから、参考にしてみてね。

 

⇒ iPhoneや携帯で月を綺麗に撮影するには?

 

 

月にまつわる歌、思い浮かぶのは何?

 

月にまつわる歌で、僕が今夜のスーパームーンを見て思い浮かぶのはこの曲。

 

 

RebeccaのMoon。

むかしママがまだ 若くて

小さなあたしを抱いてた 月が もっと遠くにあったころ・・・

やっぱり日本語バージョンで、ノッコが一番ノッコらしい昔の曲の方がいいや。

 

日本人の女性では最高のボーカルの一人だと思う。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

今年最後のスーパームーンをiPhoneで撮影してみた♪」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 皆既月食をiPhoneや携帯で綺麗に撮るにはどうすればいいか? | 官兵衛の覚え書き

  2. ピンバック: 十三夜が二回、1843年以来171年ぶり 月の模様は撮れましたか? | 官兵衛の覚え書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です