敬老の日 プレゼント 手作りアイデア 一夜漬けで準備できる嬉しいCD

明日の敬老の日のプレゼント、何にしようか悩んでます?

前の日になっても決まってなくて、何かおいしい料理をデパートで買っていってみんなで一緒に食べよう、そう思ってます?

それは素晴らしいアイデアです、みんなが揃うのは何よりです。

 

でも、そこにもう一つだけ、今からでも追加できる素敵なプレゼントがありますよ。

 

スポンサードリンク

 

 

敬老の日 プレゼント 嬉しいのは気持ちです お年寄りの心を動かすのは?

 

自分が年を取ってくると次第に分かりますが、記憶力というのはだんだん落ちてきます。

でも、不思議なことに、子どものころや若いころにおぼえたことはけっこう覚えているものです。

これは脳の記憶のメカニズムによるものなのです。

 

819px-Complete_neuron_cell_diagram_en.svg

By LadyofHats [Public domain], via Wikimedia Commons

 

記憶しようとするたびに、脳神経の間では新たな連絡回路が作られると考えられています。

この連絡回路、いったん作ってしまえば、呼び出すことさえできればかなり古い記憶でも呼び戻すことができる優れものです。

 

そして、若いころに組み上げた記憶のシナプスは強固でたくさん枝分かれしていて、いろんな回路を通じてそれにたどり着くことができます。

ところが、年を取るほど、記憶のシナプス回路のできが悪くなってくるというんですね。

年を取ってからの記憶は、埋もれたら引きずり出すのが難しいのです。

 

だから、お年寄りでも、その方の10代20代のころの楽しい記憶、というのは若いころに作ったシナプス、けっこうしっかりしているものです。

子どものころの出来事ほどよくおぼえているし、思い出すことができる

これを使わせていただきます。

 

 

敬老の日 プレゼント 孫もいっしょに 青春時代の歌を一緒に歌おう

 

なんだか少し認知症気味になってきたおじいちゃんやおばあちゃん。

でも、20歳前後のころに効いていた歌謡曲とか、学校でみんなで歌った歌とかだったらメロディも歌詞もけっこう覚えているものなのです。

(パーソナルソングと言います。)

 

とはいうものの、完全に覚えているわけではない。

そこをサポートして、一緒に歌って見るというのが敬老の日のプレゼントのアイデアです。

 

keirou_family

 

具体的にはどうするか?

お勧めなのは、祖父母がご健在であるなら、お二人が結婚したとしか、その一年前ぐらいの曲を探して、

それをYoutubeで音楽をダウンロードしてCDあるいはDVDに焼いて持っていき、

スポンサードリンク

歌詞も探して大きな文字でプリントアウトして持って行って、一緒に歌うことです。

 

CDやDVDが用意できないなら、あなたのスマートフォンでいいですよ。

Youtubeの音をダウンロードして、その場で大きな音で鳴らしてあげたらいいのです。

電池がすぐにへたっちゃうけど、今年の敬老の日の間の2時間やそこら、一緒に歌う間くらいはスマホ君に頑張ってもらいましょう。

 

 

敬老の日 プレゼント 手作りでパーソナルソングのCDを

 

お年寄りが若いころに流行した曲ですが、インターネットで探せばいろんなサイトで紹介されています。

古い歌謡曲でお勧めなのは、個人でされているこちらのサイトです

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4496/chj_1960.html

 

上に上げたのは1960年の歌謡曲ですね、1940年生まれのおじいちゃんやおばあちゃんあたりが、懐かしいなと喜んでくれそうです。

ページの左側に、年代別にまとめられていますから、それから年代を選べばいいですね。

 

たとえば1950年代だと、こんな感じで並べてくださってます。

発売年月    曲名    歌手・アーティスト
1950.01.    夜来香    山口淑子
1950.01.    イヨマンテの夜    伊藤久男
1950.01.    白い船のいる港    平野愛子
1950.02.    思い出のボレロ    高峰三枝子
1950.02.    水色のワルツ    二葉あき子
1950.04.    星影の小径    小畑実
1950.05.    ボタンとリボン    池真理子
1950.05.    山のかなたに    藤山一郎
1950.06.    赤い靴のタンゴ    奈良光枝
1950.06.    憧れの住む町    菅原都々子
1950.06.    買物ブギ    笠置シズ子
1950.07.    東京キッド    美空ひばり
1950.07.    ベサメ・ムーチョ    黒木曜子
1950.10.    ダンスパーティーの夜    林伊佐緒
1950.10.    涙のチャング    小畑実
1950.11.    桑港のチャイナタウン    渡辺はま子
1950.11.    白い花の咲くころ    岡本敦郎
1950.12.    越後獅子の唄    美空ひばり
1950.12.    ビギン・ザ・ビギン    越路吹雪

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4496/chj_1950.html

 

トップに並んでいるのは、つい先ごろに亡くなられた李香蘭こと、山口淑子さん。

とても美しく、頭脳も明晰な方でした。

きっと、同じころに青春を過ごされたおじいちゃんやおばあちゃんの心に深く刻み込まれている方なのではないでしょうか?

 

 

 

敬老の日 プレゼント 手作り 安価でもアイデアが大事

 

敬老の日のプレゼント、一番大事なのは、値段ではありません、心を動かすものです。

そこで重要なのはアイデアです。

 

そして、このパーソナルソングのプレゼント、一方的に送って終わりはなしですよ、一緒に歌いましょう。

全部でなくてもいいです、二つか三つだけでいいから、iPhoneに動画をダウンロードして持って行って、一緒に歌って見ませんか?

 

おじいちゃんやおばあちゃんはネットなんてやらない場合が多いから、そんな風に音楽が収集できるなんて知りません。

びっくりして、喜んでくれること間違いなしです。

 

あの時、あの子たちが歌をプレゼントしてくれたんだよ、って。

 

きっと、忘れられない一日になりますよ。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です