老人性難聴の父がテレビを最大音量で 対策 失敗と成功

父は老人性難聴で普通に会話していてもあまり良く聴こえていません。

でも、全く聞こえないかというとそうでもなく、興味のあることはよく聞こえたりします。

最大の問題は、テレビを爆音で聴くことで、こちらの耳がおかしくなりそうです。。。

 

スポンサードリンク

 

 

年をとれば耳の聴こえが悪くなる人は多いけど

 

年をとれば多くの人が老眼になります。

それと同様に、年をとれば多くの人の聴力が落ちます。

 

この理由は、主に、鼓膜よりも内側の問題で、鼓膜に伝わった音を脳神経に伝える変換能力が落ちたり、聴神経そのものの機能が落ちたりするためです。

感音性難聴と言います、老人性難聴のほとんどはこのタイプです。

ここでも以前、それについて説明しましたね。

⇒ 感音性難聴とは

 

感音性難聴では、耳の穴や鼓膜には問題がないので、こまめに耳掃除して大きな耳垢をとったとしても、聴力はほとんど改善しません。

この結果、周囲も大きな声で喋らないと伝わらないし、本人の声も大きくなりがちです。

(ならない人もいます。)

 

会話は、お互いの話す距離を近づけたり、仕草ややりとりなどで表情を読むことである程度どうにかなります。

でも、問題はテレビやラジオ、オーディオなどの音量です。

老人性難聴の人は、自分が聞こえる音量まで平気でボリュームを上げるので、大型テレビのある家など、ガラス窓が振動するほどの爆音になっていたりします。

 

 

テレビは高齢者の数少ない楽しみの一つ

 

人間の脳は、五感を刺激されることによって活性化します。

中でも視覚と聴覚が脳にもたらす情報量は膨大なものがあり、これが脳を活性化することで脳活動レベルは高く保たれます。

 

teinen_man

バリバリに仕事をしていた人が、定年になって家に毎日いるようになった途端に一気にボケていく、というのは昔からよく言われていますよね。

これは仕事をしているときに比べれば脳に入ってくる刺激が極端に減るためです。

 

仕事をしている頃から打ち込む趣味があった人はそれに打ち込めるのですが、趣味に打ち込む余裕のなかった人が多いと思います。

家族も日中は家事や仕事で忙しいし。

やることがないと、どうしても一日中テレビをつけることになりますよね。

 

特に仕事もなくなった、そして一人で自宅で過ごすお年寄りにとって、テレビというのは、聴覚と視覚を刺激する大事なお友達なのです。

老人性難聴によって耳の聞こえの悪くなった方々の多くは、軽くですが、認知症の入口に立っていることも多いものです。

ですから、お年寄りからテレビを取り上げてしまうのは、良いことではありません。

 

 

でも、大音量は家族にも近所にも迷惑

 

窓が震えるほどの大音量でテレビを聴かれると、同居しているものはたまったものではありません。

まともに会話ができないのはもちろんのこと、難聴になる危険性もあります。

小さいお孫さんやひ孫さんがいらっしゃる場合、耳の聞こえも悪く、やたらに大声で話す迷惑がられる子どもに育っていく可能性もあります。

 

それに、家の中だけで話は終わらないですよね。

マンションやアパートでは上下左右の音はかなり聞こえます。

周囲の住人も、面と向かって文句は言わないかも知れないけれども絶対に迷惑に思っています。

 

ということで、我が家でも対策をいくつか考え、やってみました。

いろいろ試してみたのですが、失敗も多くて。

とりあえずは失敗例をお示しします。

 

我が家で成功しなかった解決策

 

1.補聴器をしてもらう

かなり高級な製品で、いろいろ個人の聞こえ方に合わせて調整可能だというものを奮発して買いました。

イヤホン型で、ぱっと見にはわかりにくいものです。

 

でも、失敗でした。

 

「よけい聞こえない!」

「こんなものしなくても聞こえてる!」

「恥ずかしくて外を歩けない!」

 

ものすごく嫌がりました。

数十万円の高性能機器が家のどこかで眠っています。

 

2.手もとスピーカーでテレビを聞いてもらう

ワイヤレスで、テレビの音を手元で聴くことができるスピーカーというのがよく売られています。

スポンサードリンク

家族はテレビのスピーカーを普通の音量で、本人はそれを手元に置いて聞く。

 

これもまた失敗でした。

 

そこそこの音は出るのですが、大画面テレビをボリューム最大にして聞くのに比べれば、

「ほとんど何も聞こえない」

と言って直ぐに押入れに突っ込まれました。

 

もう一つは、

「自分だけ、そんなスピーカーで聞いているのがかっこ悪い。」

と思う部分もあるようです。

 

3.イヤホンやヘッドホンで聞いてもらう

004ヘッドホン

 

イヤホンやヘッドホンで大きな音にして聞けば、本人も良く聞こえるし、周囲もうるさくないんじゃないかと思いました。

何種類か試しました。

これらもまた失敗でした。

 

イヤホンは本人いわく、

「耳がかゆいだけでなにも聞こえない。」

そうです。

 

ヘッドホンは、

「重いし、小さい音しかしないし、暑いし、何よりかっこ悪い。」

そうです。

 

4.家族が耳栓をする

父がテレビを爆音で聴いている間はほかの家族が耳栓をする。

 

でも、朝5時半頃から起きて爆音でテレビを聞く父。

そのまま、就寝する20時頃まで爆音です。

 

朝のいろいろな家事が、家族全員が耳栓をしているとうまいこと回りません。

選択物を干していてもテレビの爆音が聞こえます。

お手上げでございました。

 

 

高齢者はコミュニケーションをとりたいだけなのだ

 

a0027_002809

 

さて、ここまで失敗例を多く上げてきました。

いろんな対策をしてもうまくいかなかった祖父のテレビの爆音対策

最近、少し改善しつつあります。

その方法について書いてみますね。

 

実はこの記事の一番最初にヒントを書きました。

「全く聞こえないかというとそうでもなく、興味のあることはよく聞こえたりします。」

これです。

 

実は父、話をするのは大好きですし、特に、自分の若い頃の話をすると嬉しそうにいろんなことを話してくれます。

どうしても繰り返しが多いので、聴く方は新鮮味がないのですが、話す父の目は輝いて、本当に楽しそうに思い出話をするのですね。

 

それで、昨年、思いついて試してみたところ、うまくいったのがこの方法です。

 

⇒ 一夜漬けで準備する敬老の日のプレゼント

 

父の若い頃に通っていた学校の校歌や寮歌、あるいはその時代の流行歌などですね。

これをYoutubeで探してきて、スマホで流しながら、ネットで調べた歌詞カードを大きくプリントしたものを渡してあげる。

 

すると、機嫌よく歌ってくれますし、大画面テレビよりずっと小さな音量しか出ないスマホの音でも充分聞こえるようなのです。

毎日ではないのですが、ときどき、自分からテレビを消して歌を歌うようになりました。

30分程度ですが楽しそうです。

 

そして、その時代にまつわる話をいろいろ聞かせてもらう。

そうすると、そのあとはテレビなんかどうでもいいみたいなのです。

 

結局は、人とのコミュニケーションを求めていたのですね。

テレビの音は一方的にしか入ってこないので、コミュニケーションと呼べるしろものではない。

集中できないから、聴こえない。

だから大きな音にしてしまう。

でも、そうやって自分が歌うことのできるメディアからの音は、満足できるコミュニケーションになるわけです。

 

 

それでもテレビも見たい高齢者のために

それでも高齢者がテレビを見たくなる時はあります。

気になる番組の時や、家にいても家族が食事の準備や持ち帰った仕事や勉強などで忙しいとき。

 

そのため、やはり

⇒ 難聴者用スピーカー コミューン 夢の扉で紹介

 

このスピーカーを手に入れたいと思っています。

今のところ、予約待ちで大変ですが、

 

老人性難聴の方に有効、

テレビの音を小さくしても聞き取れることも確認されている

その2点が番組で報道されていたので、かなり期待しています。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

老人性難聴の父がテレビを最大音量で 対策 失敗と成功」への6件のフィードバック

  1. lampeye

     父の難聴の話です。 父と母は二人暮らしで元気に暮らしています。
    父は頭の方はしっかりしており、耳が遠いのも自覚しているので必要なときは補聴器を使っています。
    テレビもイヤホンを付けるとよく聞こえるとのことですが、差し込むとテレビの音が消えてしまい母が聞こえなくなってしまいます。 母と2人の時は聞き取りにくい父と、大音量をうるさく感じる母の間で妥協して音量調節していたみたいです。 先日、テレビのライン端子にヘッドホンアンプをつなぎ、音楽用の両耳タイプのイヤホンをつないで、手元で父独自に音量調整ができるようにしてとりあえずは不自由ないようです。
     ここからが質問なのですが、80歳の父ですので「人間の声」の周波数が聞こえやすいのがいいだろうと思って、あえて(周波数特性が低いであろうと思った))100円均一の両耳タイプのイヤホンを選びましたが、もう少し周波数特性の広いものを使った方がいいのでしょうか? 必要な周波数に限った方がいいのか、認識できなくてももう少し低音や高音に対応した物(高音質とまでとは言わないまでも数千円程度の音楽用)を選んが方がいいのか迷っています。 
     ケースバイケースとは思いますが、経験談等を教えていただけましたら参考にさせていただきたく投稿させていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    返信
    1. crokan 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      >80歳の父ですので「人間の声」の周波数が聞こえやすいのがいいだろうと思って、あえて(周波数特性が低いであろうと思った))100円均一の両耳タイプのイヤホンを選びましたが、もう少し周波数特性の広いものを使った方がいいのでしょうか?

      ・・・これはケースバイケースだと思います。一般的には加齢とともに高い音は聞こえなくなるということですから、成人の声に合わせる周波数でいいと思うのですが、耳になんらかの疾患、あるいはその既往歴をお持ちの方の場合は特性が変わるかもですから、いろいろ試してみて一番良く聞こえるものを使うというのがよいのでは?

      返信
  2. 岩田

    上記を拝見させて頂きました。その後、ご年配の家族の耳の調子はいかがでしょうか?
    先に申しあげます。

    押し売りや勧誘などではありません。
    モニター協力者を求めてます。
    貴方様のブログの力を、お貸し下さい!!

    ネット販売では高くしてますが、製造元が耳の不自由な方へと願いを込めて仕上げた作品です。
    大手大学病院やアメリカの大手病院では既に使用されています。
    実績はあります、ただ日本では知名度が無く、ヤフオクやアマゾンなら安く買ってごまかせるから
    と言う理由で『DC-8』よりも質の低いヘッドホンや持ち運びタイプのスピーカー等が売れてます。
    ヘッドホンの弱点:その人にしか聞こえない。
    持ち運びスピーカー:運んだ先では聞こえるが音がこもる。

    『DC−8』特徴
    ただテレビの横に設置すれば、難聴者には囁く様に聞こえる。
    その他、家人は普通に聞こえる。
    さらに、映画DVDなどを鑑賞しますと、話し声は耳元で聞こえるのに、サウンドや効果音は、不思議な事に横から、上から、後ろからと、映画館の様になります。
    これにはアメリカのライセンスを取得したチップが内蔵してあるからです。

    冒頭でも申しあげました通り、大きな病院(オペ室)には完備してます。
    手術中、執刀医が話す言葉が、いままでオペ室でハウリング、もしくは小声で聞こえなくてミスが多発したからです。

    ブログを読まさせて頂き、もしも、いまでもお困りの様でしたら、モニター価格:3,000円でお試しして頂けないでしょうか?(メーカー小売価格:39,800円)
    使用して効果を、ブログにUPして下さるのが条件です。
    もちろん見返りも、追加請求も致しません。

    見返りいらないと言うと嘘になりますね(汗)
    本心では宣伝するパートーナー様を探してる←こちらが本心です。

    既に販売した商品を、車好きの方々が車に取り付けて5.1サラウンドシステム風に楽しんでます。
    みんカラをご覧下さい。
    いきなりの訪問と、パートナー(モニター募集)の話しを、持ちかけて気分が悪くなったかもしれません。

    是非検討して下さいますと嬉しいです。

    返信
    1. crokan 投稿作成者

      岩田さん

      素敵なお申し出ありがとうございます。
      誠に残念ながら、父は年初に旅立ち、喪中に服しております。
      最期にこのようなお申し出をいただいたこと、父に伝えれば天国でニヤリとしていそうな感じがします。
      ありがとうございました。

      返信
  3. 飯塚 幹夫

    家はステレオコンポ アカイの200ワットにつないで一万円ぐらいの
    ヘッドホ-ンにつないでいました

    返信
    1. crokan 投稿作成者

      >飯塚さん

      ヘッドホンをしてくれるならありがたいです!
      いいなあ。

      我が家は軽い補聴器でさえも、
      こんなものはつけない!聞こえてる!
      と、どこかにしまい込みましたからねえ。

      自分の耳の聞こえが悪いのだ、ということを意識したくないようです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です