デング熱 初期症状 本当にある症状と根拠のないうわさについて

10月も半ばに入って、だいぶん涼しくなってきました。

蚊に刺される機会も減り、デング熱の今年の感染はそろそろ下火になりそうです。

 

でも、きっと来年も流行します。

そのことも考えて、初期症状についてまとめてみますね。

スポンサードリンク

 

 

ネット上に飛び交ういい加減な情報

 

このブログでも何度か書きました、デング熱感染の初期症状。

shinpai_woman

特徴的なのは、普通の風邪に認められるような上気道症状がないことです。

つまり、くしゃみ、鼻水、咳などの症状がないのが一つの特徴です。

(ただし、のどの深いところの痛み・不快感(咽頭扁桃の腫れ)だけはときどき起こります。)

 

どうして風邪とは症状が違うかというと、ウイルスが感染する細胞が違うからです。

普通の風邪の場合には、ウイルスは気道粘膜に感染して、これを破壊するので上気道症状が出ます。

 

ところが、デング熱は白血球に感染して、気道上皮には感染しないのです。

だから上気道症状はほとんど出ません。

 

にもかかわらず、鼻水や咳が初期症状の一つだと思い込んでいる人が思いのほかたくさんいらっしゃるようで。。。

 

ということで、「デング熱 初期症状」で検索した時に、Yahooの関連キーワードに出てくるキーワードについて改めてチェックして記述しておきます。

 

 

 

デング熱 初期症状 の関連キーワードリストの検証結果

 

1.デング熱 初期症状 下痢

初期症状としての下痢はほとんどありません。

吐き気や嘔吐などの上部消化管の消化器症状はありますし、お腹の痛み(胃を中心として)も感じますが、下痢につながるような現象は初期症状としては発生しません。

(重症化すると、下痢もまれにあります。)

 

2.デング熱 初期症状 潜伏期間

初期症状が出るまでの潜伏期間は3日から14日とされていますが、発熱などの典型的な経過をたどる方の場合、多くは蚊に刺されてから3日から7日で発症します。

 

3.デング熱 初期症状 かゆみ

初期症状としてはありません。

皮膚症状(発疹)が出てくるのはほとんどの場合、発熱が落ち着いた後です。

全身倦怠感を伴う、皮膚の違和感、なんだかひりひりした痛みというのはあります。

(重度のアトピー性皮膚炎などで痛みを痒みとして感じるような人の場合、それを痒みとして感じる可能性がありうることは否定しませんけど、そういう状態の方は、自分は痛みと痒みの区別がつきにくいことを自覚されていることがほとんどです。)

 

4.デング熱 初期症状 咳

ほぼありえません。

夏風邪なのかそうでないかを見極める大事なポイントです。

「風邪と似ているウイルス感染である」という言葉に惑わされて、咳があると思いこんで無責任に記述されている方が非常に多いのですが、基本的に、ありません。

 

5.デング熱 初期症状 子供

子どもでは初期症状が違うのか?

大人とは少し違う場合があります。

ka_kansensyou

子どもは、デング熱に限らず、ウイルス感染の初期症状として腹痛を訴えることが多く、嘔吐も多いです。

また、腹筋が未発達で診察しやすいこともあり、肝臓の腫れが見つかりやすいというのもあります。

子どもが倦怠感を訴えて、腹痛があり、嘔吐して、さらに肝臓が腫れている、そして一週間以内に蚊に刺されたという場合、デング熱感染を必ず念頭に置く必要があります。

スポンサードリンク

 

また、子どもでは、てんかんのような震え発作が出ることがあります。

熱性けいれんと言って、高熱で神経が過剰に反応してしまうことによります。

インフルエンザなどの場合も起こります。

一過性なので、命に関わるような問題になることはあまりありません。

 

6.デング熱 初期症状 腫れ

このキーワードが複合キーワードとして提示されますが、これはおそらく二つの場所を指しています。

「咽頭部(扁桃腺)の腫れ」と、「肝臓の腫れ」のことを指していると思われます。

 

デング熱ウイルスの感染細胞は樹状細胞やマクロファージ、単球などの自然免疫を担う白血球です。

これらの自然免疫系の白血球は扁桃腺やリンパ節にたくさんいて、これらが破壊されるとそこが腫れます。

 

これらの白血球は肝臓にもたくさんあり、これもやられます。

さらに、出血を止める血小板も一気に消費されてしまいます。

これらの現象は血管からの体液の漏出を生み、腹水や胸水が発生するだけでなく、肝臓も浮腫で腫れてしまいます。

 

7.デング熱 初期症状 高熱

hatsunetsu_kodomo

いきなり高熱が出るのはデング熱の初期症状の一つです。

蚊に刺された人が上気道症状なく、いきなり高い熱を発熱したらデング熱を疑いましょう。

これは初期症状としてもっと認識されてよいはずのものです。

 

8.デング熱 初期症状 鼻水

これもありません。

なぜこれがあると書いている人がたくさんいるのか不思議です。

 

9.デング熱 初期症状 めまい

高熱が出ればめまいのような症状は伴いますから、初期症状として高熱が出たらあり得ます。

また、高熱が出て、解熱して次の段階に移った時に、重症化した場合には出血、血管の易漏出性による脳症状は起こりえますが、初期症状では、ありません。

しかし脳に分布する自然免疫系の白血球であるマイクログリアが特異的にやられるという話は見当たらないので、脳が特異的に障害を受けるわけではありません。

 

10.デング熱 初期症状 入院

熱帯や亜熱帯の流行地では、39度以上の高熱が長く続く場合以外には、デング熱の初期症状で入院させることはあまりないようです。

デング熱には特異的な治療方法もありませんし。

ただ、デング熱が重症化して「デング出血熱」と呼ばれる状態になると、全身のあちこちで出血するので危険です。

最初の発熱の後、解熱してから1~4%の人がこの状況に陥ります。

この場合は、入院しての管理が重要になります。

 

11.デング熱 初期症状 痛み

これは複合キーワードとして表示されませんが、大事な症状の一つです。

全身の痛み、不快感、筋肉痛や関節痛(これらは発熱に遅れて出てくることが多いです)。

これも初期症状の一つとして考えていていいでしょう。

 

 

デング熱 初期症状 まとめ

 

1.蚊に刺されて3日から7日後に、いきなり熱が出る(しばしば高熱)

2.それに前後して、腹痛や嘔吐はある

3.全身倦怠感がある、なにやら筋肉や関節がいたい、だるい

 

この3点ですね。

 

風邪に認められるような上気道症状はありません。

そこのところ、いい加減な情報に踊らされないようにしましょう。

 

参考ページ

Review Article Dengue

Cameron P. Simmons, Ph.D., Jeremy J. Farrar, M.D., Ph.D., Nguyen van Vinh Chau, M.D., Ph.D., and Bridget Wills, M.D., D.M.

N Engl J Med 2012; 366:1423-1432April 12, 2012DOI: 10.1056/NEJMra1110265

 

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra1110265

Handbook for Clinical Management of Dengue

http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/76887/1/9789241504713_eng.pdf?ua=1

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

デング熱 初期症状 本当にある症状と根拠のないうわさについて」への2件のフィードバック

  1. ウエス

    今デング熱にかかっているものですが本当に他のサイトは嘘ばかりで呆れました。
    鼻水?喉の痛み?そんなものはなくいきなりの高熱でした。
    こちらのサイトが広まってくれることを祈ります。

    返信
  2. ピンバック: デング熱 症状 夏風邪とは異なり、のどの痛みはない | 官兵衛の覚え書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です