中秋の名月 iPhoneや携帯で月を綺麗に撮るには

最近はiPhoneや携帯についているカメラの機能がかなり高性能なので、いろんなものが撮影できるようになってきましたね。

私も様々なものを撮影するのですが、夜空の月、けっこう好きで撮影しています。

 

撮影した月の画像が添付されて、遠距離にいる恋人からメールがくるとちょっとすてきですよね。

スポンサードリンク

 

本当は絞りやシャッタースピードが調整できるデジカメで、三脚に固定して撮影するのがいいのでしょうけれども、そこまでのデジカメは持ってないから、工夫して撮影しています。

 

iPhoneや携帯で月を撮影するときの基本

1.モード選択

iPhoneや携帯などのモバイル機器についているカメラは、基本的にはシャッタースピードや絞りの調整ができません。

iPhoneだとHDRのオンとオフぐらいですね、夜空の撮影の上での選択肢は。

私のお勧めは、iPhoneだとHDRなしです。

 

携帯だともう少しいろんなモードが選べるものが多いですよね。

風景、人物、食事、夜景、夜景+人物などの選択肢があるかと思います。

携帯では夜景モードではありません、食事モードがお勧めです。

 

なぜなら、あまりにも設定環境が違うからなのか、カメラが妙に頑張らないで、素直に撮影できるからです。

もちろん、機種によって反応が違うので、それはいろいろ試してみてください。

自分が予想していない、意外な設定の方が綺麗に撮れることあります。

 

そして、大事なことは、綺麗にありのまま撮ろうとするのではなくて、へたうまな画像にして楽しんでしまうことです。

 

2.背景の光の量

iPhoneや携帯で月を撮影するときに最も大事なことは、画面に含まれる光の量を調整するということです。

どういう意味かといえば、地上のビルや街灯などの明かりを適度に入れるのが良いということですね。

それでも、月は歪んでしまいます。

 

具体例は以下のような画像です。

月と街と

ゆがみ具合がゴッホの絵みたいでしょ(笑)

 

オートマチックのカメラでは自動露光補正が入るので、夜空の真ん中に浮かぶ月だけをとると、月の明かりだけが強調されてしまいます。

三日月なのにレモン型に見えたり、半月なのに満月に近く見えたり、満月は巨大に映ったりします。

ここに複数の地上の光を入れることで、露光補正が適度になって月の形が比較的きれいに映せます。

 

どの程度、地上の明かりを入れたらよいかはその時の月の明るさにもよります。

機種によってセンサーの設定が違うので、これもいろいろ試してみるしかない、というのが正直なところです。

 

 

iPhoneや携帯を固定する方法

もう一つ大事なことは、iPhoneや携帯を腕ごと固定するということです。

 

手すりの上とか、車の屋根とか、機器を置いて手で支えることができれば理想的です。

難しければ手を置かせてもらうだけでもいいです、これによりブレが少なくなります。

 

暗い背景の中の明るい被写体に対しては露光を引っ張るのがデジカメなので、ほんのちょっとの手ブレが月の形のゆがみにつながります。

スポンサードリンク

これはデジカメ全般に共通する問題ですね。

 

 

月だけをアップで撮るには

中秋の名月など、あまりにも美しい満月だと、地上の人工の明かりを抜きにして、月の輝きだけをカメラに収めたい、そう思うかもしれません。

そういうときには二つの方法を私は選択しています。

 

1.月が雲に見え隠れする状態で取る

雲が月明かりを受けて明るく輝いています。

そんな空で、雲の間から顔をのぞかせている月を撮ると、光の量がちょうどよいのか、綺麗に撮れます。

月と雲と街灯と

 

2.木の枝や葉っぱ越しに取る

木の枝の隙間から月を撮ると、ちょっとロマンチックな感じになります。

木の枝や葉っぱには人工の光が少し当たっているような場所で、あるいは満月の時には月の光で葉っぱがかすかにきらめいているようなシチュエーションで取ると、綺麗な形の月が撮れます。

 

 

中秋の名月とはそもそも

中秋の名月というのは旧暦の8月15日の夜の月のことです。

旧暦では4月から6月までが夏、7月から9月までが秋ですから、秋の季節のど真ん中である8月15日が「中秋」ということですね。

 

また、旧暦は月の満ち欠けを基準に作られています。

だから15日目なら満月であるかのように思いますが、必ずしも満月ではありません。

満月のときもあれば、満月の1日前の時もあれば、満月の2日前の時もあります。

 

実は、月の満ち欠けの周期はきっちり15日ではありません。

14日から16日の間で変動しています。

 

どうしてそうなるかというと、月は地球の周りを楕円軌道を描いて回っていて、その速度が一定していないからなのです。

このために、新月から満月の期間が14日から16日と変動するそうです。

 

その年の中秋の名月が満月かそうでないかは、国立天文台がインターネットで公開している情報から調べることができます。

毎年の「暦要項(れきようこう)」という、暦に関するページがあります。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/

暦要項の中の「朔弦望(さくげんぼう)」という項目を開くと、1年間の新月(朔)・上弦・満月(望)・下弦の日付と時刻を知ることができるのです。

 

追加情報です。

iPhoneをお持ちの場合、もしもHDR機能がついていれば、それを使ってかなりクリアな月を撮影できます。

iPhoneで月の模様が綺麗に撮れた

いいかんじでしょ?

⇒ 十三夜の月のもようまでiPhoneで撮影する方法

 

ただし、少しだけ難しいです。

慣れるまで何度かやってみてください、私が成功した方法は上の記事に詳しく書いてあります。

秘密は、カフェ・ヴェローチェです(笑)。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

中秋の名月 iPhoneや携帯で月を綺麗に撮るには」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 十三夜が二回、1843年以来171年ぶり 月の模様は撮れましたか? | 官兵衛の覚え書き

  2. ピンバック: 皆既月食をiPhoneや携帯で綺麗に撮るにはどうすればいいか? | 官兵衛の覚え書き

  3. ピンバック: 今年最後のスーパームーンをiPhoneで撮影してみた♪ | 官兵衛の覚え書き

  4. ピンバック: 暗い部屋でパソコンを操作して消すと片目が真っ暗 | 官兵衛の覚え書き

  5. ピンバック: ピアノの発表会やバレエのステージ スマホで撮影するときのコツ | 官兵衛の覚え書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です