季節の変わり目 秋の眠気はなぜ? どう対応すればいいのでしょう?

暑い夏が終わり、涼しくなってきた10月は一年の中で一番過ごしやすい季節。

結婚式などもこの季節は人気ですね。

でも、そんなさわやかな季節なのに、なぜか体調不良になる人たちがいます。

眠気がひどくて。どうしてでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

季節の変わり目に体がついていけてない

 

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる 藤原敏行

昔の人がこう歌ったように

暑い夏から涼しい秋に変わるのは、はっきりとそう感じるのではなくて、いつのまにかという感じがしますよね。

 

a1180_007215

夏が、いきなり

「うわあ、あつい!」

 

という感じなのに対して、秋はいつの間にか静かに爽やかにやってきます。

特にはっきりするのは朝晩の冷え込みですけど、日中は気がつかなかったりします。

 

秋の眠気の原因の一つはこれだと考えられます。

夜には涼しく、というか、夏のいでたちだと寒いと感じる気候なのに、真夏のままですごしちゃってることです。

夏のような昼間と、秋の朝晩を同じ格好で過ごしています。

 

これ、身体ががんばって対応しちゃってるんですね。

これにより、自律神経のコントロールが乱れます。

 

 

 

自律神経の乱れは体温調節の乱れ、そして睡眠リズムの乱れにつながる

 

風呂上がりに、まだ体が熱いからと下着を着ないで過ごしていたら、くしゃみが出て、あれ?と思ったことないですか?

そして急にぶるぶるっとくる。

自分は暑いと感じているのか、もう暑くないと感じているのか、よくわからない。

 

a1180_009167

 

これ、まさしく秋の自律神経の乱れと同じなのです。

お風呂の熱さと、身体から水分が蒸発して一気に熱が奪われる寒さと

スポンサードリンク

体が、どっちに対応したらいいのかわからない。

すると、体温調節機構が乱れます、身体を寒さに対応させたらいいのか、熱さに対応させたらいいのかわからなくなってくるんですね。

 

我々の体は二種類の自律神経に支配されています。

起きている間に優位に働く交感神経と、寝ている間に優位に働く副交感神経。

 

この二つは、体温調節に影響を与えます。

起きているときには起きているように体を動かし、寝ているときには寝ているように体を動かす。

このため基本的には、寝ているときには体温を下げて、静かにするようにするのです。

これが安眠にもつながります。

 

ところが、気温の変化で、寝ているべき夜に想定外に気温が下がると、薄着のままの体は、寒さに対応して体温を上げます。

寝ている間は体温を下げて休みたいのに、それが上がってしまって休めないのですね。

それが、秋の眠気の正体だったりします。

 

 

秋にぐっすり眠るにはどうすればいいのか?

 

さて、このように自律神経による体温調節がうまくいかない秋の睡眠。

これを満足いくものにするにはどうすればいいのでしょう?

 

a0001_014567

 

まず、服装をまめに気温に対応して変えることです。

重ね着で、暑さ寒さに応じてこまめに変えるのですね、たとえ肩を出す服装が流行っていても、寒ければすぐに上からはおる。

頑張りすぎないことが大事です。

 

でも、日中、仕事の関係で頑張らなきゃいけなかったら、夜に帰ってからリセットしましょう。

二つの方法をお勧めします。

 

1.お風呂の最後に、38~39度くらいのぬるめのシャワーをしばらく浴びる

2.寝る前にほんのり温かい飲み物を少しいただく

 

この二つです。

片方だけでもいいのですが、この二つによって、体温調節がニュートラルになります。

ここで、夜はしっかり、秋に対応したパジャマを着て、秋に対応した布団に入って、心に言い聞かせます。

 

「もう夏じゃないんだよ、ぬくぬくで寝るんだよ。」

 

布団に包まれる幸せを感じながら寝てみましょう。

すっきり目が覚めますよ。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です