青春18切符 ばら売り 2回分を買うには?

そろそろ夏休み、どこに行こうかと考えているサラリーマンのみなさん。

もしも酷暑の渋滞の中、自動車での移動はとても無理、と考えているのであれば、電車での移動というのも選択肢の一つだと思います。

その中で、面白いのは青春18切符を使った鈍行列車の旅です。

スポンサードリンク

1280px-Takano_elevatedbridge01

 

<青春18きっぷの仕組み>

青春18きっぷというのは、自由席で、追加料金なしで乗れるJRの電車であればどれでも好きな距離を移動できるという切符です。

 

ただし、時間的な使用制限があり、1回利用して乗れるのはその日限り。

JRの始発電車に乗ってからその日の24時までに乗車した電車までということですから、20時間分程、乗車できることになります。

この権利が5回分、1枚の切符に詰め込まれて、11850円ですから、1回あたり2370円で、5日間乗り放題というわけです。

 

さらにお得なのは、この切符、複数の人で同時に使うこともできるのです。

同時に移動するのであれば最大5人まで使えるということですね。

 

例えば、もっともお得な使い方として有名なのが夜行列車に乗るという方法です。

東京始発で岐阜県の大垣に朝5時頃に到着する「ながら」という列車があります。

スタートは11時ごろですが、これに乗るときに、車掌さんにお願いすれば12時を過ぎたところから青春18きっぷに切り替えて計算してくれます。

 

ゆったりした夜行列車の椅子に座り、2370円で岐阜県まで行けます。

それが朝の5時ですから、そこからさらに乗り継ぐことで、九州までの移動も可能です。

 

 

<青春18きっぷの問題点>

この青春18きっぷ、一年中売っているわけではありません。

春休み、夏休み、冬休みに合わせた限られた日程のみです。

スポンサードリンク

 

例えば今年の夏はこういうスケジュール

きっぷの発売期間 7月1日から8月31日

きっぷの利用期間 7月20日から9月10日

こういうことになります。

 

ということで、この期間に使い切らなければ失効してしまいます。

ある程度、使う日程や人数のめどが立っていないと、なかなか買えないですよね。

 

 

<JRではばら売りはしてません。>

じゃあ、往復の2回分だけ買いたい、という場合にはどうするのがいいのか?

 

三つの方法があります。

 

1.一緒に行く人を募る。

2.買って、使ったら金券ショップに行って買い取ってもらう。

3.金券ショップで残り回数が少ないチケットを買う。

 

この三つですね。

 

いったいいくらぐらいで売買できるのか?

それはね、時期にもよるんですよ。

 

大きな駅の周辺には必ずある、安売りチケット屋さん。

そういうところにいって、聞いてみたらいいです。

 

2回分、3回分のチケットを買いたいと思っても、常にあるわけではありませんが、

2枚で6000円とかだったらそこそこの価格設定ではないでしょうか。

お盆の前には割高か、すでに品切れで買えない可能性も高いですけどね。

お店に行ってみるまで分からないです。

 

売る方は、ちょっと注意が必要です。

たとえば、8月31日過ぎたらチケットを買い取ってくれない可能性が高いです。

だって、残り10日しかないんだから、売れない可能性が高いでしょう。

8月20日過ぎても、安くしか買い取ってくれません。

 

逆に、もしもチケットが残っていればこの時期に買うと安く変えるかもです。

 

 

<一番確実なのはヤフーオークション?>

青春18切符、ヤフーオークションで個人売買もされています。

こちらは、期限が終わる寸前の時期にも売られていますから、ヤフオクでの売買に慣れている人なら、利用するのもありですね。

でも、手続きにもたもたしてると使えないままに終わっちゃうかもですから、初めて売買する人は、金券ショップの利用をお勧めします。

 

ちなみに、冬休みは以下の販売期間と利用期間になっています。
・発売期間 12月1日から12月31日
・利用期間 12月10日から1月10日

 

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です