川崎大師の七五三は11月1日から30日まで 子育て祈祷会 荘厳な雰囲気です

七五三のお祝いをいつするのか?

基本は11月15日ですが、地域でも異なるし、神社や仏閣によって異なります。

川崎大師でのご祈祷がいつになるのかというと・・・

スポンサードリンク

 

 

川崎大師での七五三のご祈祷 真言宗のお坊さんたちの念力で♪

 

川崎大師は神奈川県川崎市にあるお寺です。

大師08大本堂

お正月には参拝者数で全国トップクラスになることもあり、けっこう名前を知られていますよね。

(神奈川県ではいつも1位、全国でもベスト10の上位です。)

でも、この川崎大師で七五三のお祝いのご祈祷会も行われていることって、意外に知られていなかったりします。

 

川崎大師の正式名称は平間寺(へいけんじ)と言い、1128年に平間兼乗(ひらまかねのり)と高野山の尊賢上人により建立されたとされています。

真言宗智山派の大本山でもあります。

 

真言宗といえば、密教で、梵語で書かれた経典をお読みになることから何言ってるのかわからない、、、

あ、すみません、日本語ではあまり使わない言葉もちりばめて念仏を唱えられますよね。

 

不遜な話かもしれませんが、わたし、真言宗のお坊さんの唱える念仏って、強力な力を持っているイメージがあります。

古くは「高野聖(こうやひじり)」という泉鏡花の小説、


集英社文庫【最大500円クーポン配布中・お買い物マラソン限定】【2500円以上送料無料】高野聖/…

 

最近、と言ってもちょっとこれも古いんですけど、コミックスから映画にもなった「孔雀王」


【ポイント7倍】【あす楽】【全巻漫画.com】孔雀王 (1-17巻 全巻)漫画全巻セット【中古本】…

 

というお話など、この世にあらわれた魑魅魍魎を念仏で説き伏せて退散させるスーパーお坊さんの集団みたいな。

って極端に過ぎますね、抱いているイメージが(^^;)。

 

実際には宿坊などに泊ってみればわかりますが、普通のとても優しいお坊さんたちです。


高野山別格本山 総持院

 

朝の勤行の念仏の迫力、護摩をたく姿の荘厳さはやはり独特のものではありますけれども。

 

川崎大師は真言宗智山派の総本山ということで、こちらでも宗派の若いお坊さんたちが大勢、修行されています。

本堂でそろって念仏を唱えられる姿はやはり大変な迫力で、そのご祈祷の力で、七五三の子供たちのご加護を祈っていただけます。

 

 

 

ご祈祷と御祈願の違いは仏閣と神社の違いなの?

 

七五三のお祝いで神社に行く際には、御祈願という言葉がよく使われます。

でも、何かの成就を願うときや、地鎮祭などにはご祈祷という言葉を使いますよね。

お寺の場合、お坊さんに念仏を唱えてもらうのは基本的にご祈祷と言います。

 

大師11ご祈祷

 

違いはどこにあるのか?

基本的には、自分でお祈りするのが御祈願、

神仏へのお祈りの言葉に従って神官やお坊さんにお祈りしてもらうのがご祈祷です。

 

シンプルに考えれば、

自力本願=御祈願

他力本願=ご祈祷

です。

 

でも、どちらも目的は同じですよね。

願いや祈りというのは、

「この目的を達成するために自分でしっかりやりますから、神様、仏様、道を踏み外さないようにサポートしてくださいね。」

というものですから、自力本願の御祈願が基本ではあるのです。

でも、どういう風にお祈りすればわからない人の為に専門職の方々がご祈祷してくださるというわけです。

 

川崎大師での七五三のお祝いは「ご祈祷」となっています。

開かれる期間は11月1日から30日までの一か月間。

大師10七五三修行

スポンサードリンク

この間、どの日に行っても七五三のお祝いをする子供たちの未来を思って真言宗の僧侶たちが念仏を唱えてくれています。

お参りに行って、ご祈祷を聴かせていただくとともに、自分たちでもお祈りしましょう。

 

 

 

川崎大師までの道のりとお土産屋さん

 

川崎大師は、電車で行く場合、京急大師線で京急川崎駅から10分弱です。

京急電鉄の前身が国鉄川崎駅と川崎大師をつなぐこの大師線でしたから、100年以上の歴史を持つ路線です。

 

大師01表参道

川崎大師駅を降りると、出てすぐ左手に歩道にアーケードの付いた表参道商店街の入り口があります。

そこを通ってしばらく行くと商店街の終わりの右手に、川崎大師への矢印がありますから右へ曲がりましょう。

 

右へ曲がってすぐに右手に仲見世通りがあります。

大師02仲見世

ここは古くからの川崎大師の門前市場町ですね。

 

ここの名物は咳止めの飴と赤い達磨の置物です。

 

大師13のど飴

咳止めの飴は川崎大師の仲見世通りでは有名なものです。

 

と言っても、歴史は明治元年に松屋さんという飴屋さんが開業したことから始まります。

とんとことんとこ飴を切る音が響いていて楽しいお店です。

大師03のど飴

 

この地に古くから伝わるとか、真言宗の秘伝だとかいうわけではありません。

しかし、松屋創業者の家電の漢方薬が五種類配合された咳止め飴は効果が高いということで人気が出て、今に至っています。

ホールズとかのハーブ飴の元祖みたいなものですね。

 

大師04達磨屋さん

達磨は言うまでもありません、臨済宗や曹洞宗などの禅宗の祖となった達磨大師というえらいお坊さんに由来するものです。

・・・あれ?

何で真言宗の仲見世に禅宗のだるまさんが並んで売られているのでしょうか?

 

ちょっと調べてみたんですけど、赤い達磨の張子は江戸時代に人気が出て、宗派に関係なく門前町、仲見世通りで売られる縁起物となっていったようです。

ということで、真言宗にはやはり関係ないのですが、まあ、大師つながりということもあってか? 人気を博したので今につながっているようですね。

(どなたか、川崎大師さんの仲見世通りで達磨の縁起物が人気な理由について、もっとはっきりした由来があるのをご存じでしたらぜひコメントくださいませ。)

 

大師14千歳あめ

仲見世の飴屋さんで千歳飴も売られていました。

いろんな本数で売られていますので、子どもが虫歯だけど縁起物だからちょっとだけ欲しいという方は相談されてみてください。

 

 

 

川崎大師の七五三まとめ

 

大師06七五三家族写真

 

11月1日から30日までのご祈祷です。

最寄駅は京急電鉄川崎大師駅。

ともかく広くて、秋のお天気のいい一日だと心晴れやかになります。

 

大師09広い

 

お正月に比べれば空いているので、家族でゆっくり出かけてしっかりご祈祷してほしいという方には穴場かもしれないですね。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

川崎大師の七五三は11月1日から30日まで 子育て祈祷会 荘厳な雰囲気です」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 喪中の初詣 川崎大師 日本の初詣の開祖の寺で故人を偲び、お参りを | 官兵衛の覚え書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です