天空の城 竹田城跡 アクセス 史跡域内の「大手道」拡幅工事を市役所が勝手に

天空の城として話題の竹田城跡

何がすごいって、11月の晴れた朝に雲海の中に浮かぶ城山の姿が、空に浮かんでるみたいだから。

人気が出てお客さんが多いからって、それはないでしょってあきれたニュースのお話。

 

スポンサードリンク

 

 

天空の城竹田城は兵庫県朝来市和田山町にあります

 

 

日本の天空の城こと、竹田城(天空の城ラピュタから名付けられた)は、兵庫県にあります。

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

画像はWikipediaコモンズより

 

それもね、けっこう半端ない奥の方にあるのだ。

神戸とか姫路とかの新幹線が止まるような街からははるかかなたの山奥。

 

こう書くと、地元の人に怒られそうだけど、ほんとに、海岸部からはかなり時間がかかるんだもの。

 

1280px-JRW103_3508

http://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AJRW103_3508.jpg

 

JR播但線で姫路駅から竹田駅まで約1時間15分です。

始発に乗っても竹田駅につくのが7時ごろ。

そこから、平日の観光客の少ないときでさえも小1時間かかるので、8時前にようやく城跡につくぐらいかなあ。

 

だから、理想を言えば、竹田城跡のそばの民宿などに宿泊するのが良いです。

素晴らしいと評判のお宿がこちら。


竹田城下町 HOTEL EN(旧木村酒造場 EN)

 

部屋数が少ないので、ベストシーズンの週末にはなかなか予約ができないんですけどね。

キャンセル待ちを目指すのみ(;´・ω・)。

 

 

 

道が狭いからと土木工事で広げちゃった市の観光課

 

この竹田城へのアクセスでありえないニュースを見てしまった。

城へと至る大手道、これは昔から存在する徒歩で行く、竹田城への道ですね。

城跡というのは、こういう、アクセスのための史跡も含めての城なのに、それを勝手に重機を入れて拡張工事をしていたというから驚きです。

 

1280px-Komatsu_61PX_Planierraupe_1

http://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AKomatsu_61PX_Planierraupe_1.JPG

 

悪気はなかった、というか法律違反でもなかったとの弁ですが、どうも信用しがたい。(;´・ω・)

 

以下はYahooニュースの引用 *****

天空の城、市が勝手に登山道工事 兵庫県「史跡破壊だ」

朝日新聞デジタル 11月16日(日)11時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000018-asahi-soci

スポンサードリンク

「天空の城」として人気がある兵庫県朝来(あさご)市の国史跡「竹田城跡」で、朝来市が国に無許可で登山道の拡幅や付け替え工事を進めていたことがわかった。県教委は文化財保護法に違反しているとして工事の中止を指示。市は国や県と協議して原状回復する方針だ。

無許可工事は、山頂の竹田城跡に向かう史跡域内の「大手道(おおてみち)」(約700メートル)の一部で進められていた。近年のブームで観光客が増えたため、登山道の拡幅・付け替え工事を計画。城跡に近い延長32メートルで、9月から拡幅や石段の撤去、新たな石垣の設置をしていた。

しかし、文化財保護法で指定された国史跡には形状変更に厳しい規制があり、国の許可が必要。10月27日に城跡の調査に訪れた市教委幹部と市文化財保護審議会委員が偶然現場を見かけて、工事が発覚した。

朝来市は4月、市教委が担当していた竹田城跡の史跡保護の業務を、観光振興を担う竹田城課に一本化。今回の工事は市教委に知らされていなかったという。竹田城課の黒田隆雄課長は「軽微な行為と判断し、市教委と協議しなかった」と釈明。文化財保護法では「軽微な変更」に限っては自治体の裁量で許されるが、「樹木の枝を切る程度」(市教委)という。

県教委の山下史朗・文化財課副課長は「一見して史跡を破壊している問題工事。勝手に進めれば、文化財の本質的価値を損ないかねない」と話している。(甲斐俊作)

***** ここまで引用

 

市の職員に言わせると、「軽微な変更」の範囲らしいんだけど、

「城跡に近い延長32メートルで、9月から拡幅や石段の撤去、新たな石垣の設置をしていた。」

というこれが軽微な変更に該当しないのは小学生でもわかるのでは?

 

観光客誘致がまず第一で、地元の歴史や史跡を大事にすることなんかどうでもいいのかなあ。

ちょっと悲しくなったのでありました。

 

ojisan_think

城マニアだったら絶対に考えない行為なんだけどな。

 

 

 

竹田城 アクセス ツーリングで目指す場合にはどうする?

 

実は、竹田城には直接行かないで楽しむ方法もあります。

というのも、天空の城 竹田城が雲海の中に楽しめるのは、竹田城跡ではなくて、その近くの見晴らしの良い山の上から見るしかないのですよ。

それが詳しく、アクセスの過程が示されている動画がYoutubeにありました。

すごく素敵ですよ♪

 

2014 秋 天空の城 (竹田城跡) ツーリング

 

出発から、展望台を目指すまでのプロセス、そして1時間半にわたる雲海に包まれる竹田城跡の姿。

こちらはバイクや車で目指すしかなくて、しかも、かなりの距離を歩く必要があります。

山道を5kmなんて、身体がなまっていたら危険。

 

でも、その旅行程を見事に撮影しきった素晴らしい記録であります。

Yasu Mさんに感謝です。

 

計画もいいですよね、朝もやと雲海に包まれる竹田城を周囲の山の尾根の展望台から見て、午後になって観光客が減ったころに竹田城跡を訪れています。

雲海の中の竹田城から雲海を眺めることは城跡に行かないとできませんが、実際のところ、画像を見ると、離れてみた方がいいみたい。

雲の中から竹田城跡が現れるのはほんの一瞬で、城跡からだと真っ白な雲しか見えない時間の方が長そうです。

 

またバイクがいい。

私も昔、ZX-10という川崎のツアラーに乗っていたんですが、ほんとうはZ1000GPの緑が欲しかったんですよね。

今はそのレプリカントなイメージのKawasakiのビッグツアラーがあるんですねえ。

いいなあ。

って、最後のは完全に個人的な感想でしたが。(笑)

 

 

まとめ 天空の城 竹田城 アクセス

 

私個人的なお勧めは、できるだけ近いところで一泊して、公共交通機関+徒歩で城を目指すことですね。

バイクや車がある人、あるいはタクシー代を惜しまない人は、まずは展望できる峠まで行って、お城には午後からゆっくり。

 

今年は行けなかったけど、来年はいくぞ!

 

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です