寒中見舞い 時期 いつからいつまで イラスト 妖怪ウォッチとかだめ?

寒中見舞いは最近では喪中の方とやり取りする年賀状のような扱いですね。

でも、本来は暑中見舞いと同じ季節のご挨拶ですから、楽しいものなのです。

とはいえ、暑中見舞いが残暑見舞いに変わるように時期の決まり事もあります、そう言ういろんなことの備忘録です。

 

スポンサードリンク

 

 

寒中見舞い 時期 年賀状との関係はどうなってるの?

 

寒中見舞いを出す時期は細かく決まっています。

二十四節気の「小寒」から、「立春」の前日までの期間を寒中というので、

1月5日から節分の前の日までとなっています。

 

a0001_017568

ネットの情報では「小寒から大寒まで」と書いてある場合もありますが、

これは正確には「小寒の始まりから大寒の終わりまで」を指します。

二十四節気の「大寒」は1月20日を指すことが多いので、お間違いなく

 

この1月5日から2月3日までを一年で一番寒い時期、

「寒中」と呼ぶのが、寒中見舞いの言葉の意味となります。

 

また、寒中は1月5日からですが、1月7日まではお正月の松の内のお祝いもあ利ます。

このため、5日から7日に相手に届く手紙やはがき場合は年賀状とすべきとされます。

 

ということで、確実なのは1月8日以降、できれば1月31日までには投函したいものですね。

 

 

 

寒中見舞い 時期 年賀はがきを使ってもいいの?

 

寒中見舞いにはいくつかの使い方があります。

 

1.暑中見舞い同様の季節のご挨拶

2.年賀状を出しそびれてしまった時のご挨拶

3.喪中にあって、年賀状を出せなかった場合のご挨拶状

4.喪中であって、年賀状を受け取った時にそれに返信しなかったことへのお詫び

 

text_kanchuomimai

本来の使い方は1.の季節のご挨拶なのですが、寒中見舞いというと3.や4.の意味で使う人の方が多いですね。

最近の若者の中には

「寒中見舞い」=「喪中のお知らせ」

と思いこんでいる人もいるんじゃないでしょうか?

 

さて、1月中旬から下旬に出す寒中見舞いですが、この時期、年賀状がけっこう余ってたりしますよね。

この年賀状を寒中見舞いに流用してはダメでしょうか?

 

親しい人に送る寒中見舞いで、目的が1.や2.であればいいと思います。

ただし、お年玉つきの年賀はがきを流用する場合には、

1月15日ごろにお年玉くじの抽選会がありますので、それまでに届く場合に使うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

それが過ぎてから出すなら、当たりのはがきを使いたいですね。

わざわざはずれたハガキが届くのはちょっと、どうかなという感じがします。

 

目的が「服喪」に関連する場合、つまり、

1.や2.に該当する場合は流用しないで普通の官製はがきなどを使いましょう。

 

 

 

寒中見舞い 結婚報告とか妖怪ウォッチのイラストとか書いたら駄目?

 

季節の報告をするのであれば、結婚報告とかはダメですか?

あるいは、楽しいイラスト描いたりしてもいいの?

 

はい、どちらもいいですよ。

目的が暑中見舞いなどと同じく、季節のご機嫌伺いであるのなら、全然かまいません。

 

喪中のお知らせの場合、分けておくか、

あるいは、相手に気を使いながらそれとなくわかる近況報告の形ならよいでしょう。

⇒ 寒中見舞い 喪中 友人への文例

 

ただし、手紙の主旨としては、あくまでも

「寒中見舞いが主」

ですから、そこをおざなりにしないようにね。

 

「寒中お見舞い申し上げます。

寒さ厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしですか。」

という冒頭の句と、

「まだまだ寒さが続くと思われます、どうぞお体を大切になさってください。」

という閉めの句は書きましょう。

始まりと終わりがしっかりしていれば、その間は近況報告でいいです。

 

楽しいイラスト、妖怪ウォッチなんかは、小学校低学年から幼稚園ぐらいのお子さんがいらっしゃる家庭に差し上げるのであれば、ちょっと書いておくのは楽しいかもですね。

家族で楽しまれることかと思います。

イラストの書き方は、ジバニャンのアイシングクッキーの作り方の記事で引用したのですが、こちらの動画で上手に説明してくださっています。

 

 

同じ作者の方がコマ次郎もチャレンジ、こちらはちょっと苦戦されてます。(^^;)

 

 

チョコペンで書けるぐらい簡単な書き方ですから、サインペンではがきに書くのに応用がきくと思いますよ。

 

 

 

寒中見舞い 時期 いつからいつまで まとめ

 

寒中見舞いの時期は、1月8日から2月3日までに相手に届く時期です。

それより早く届く場合は年賀です。

それより遅く出す場合は、余寒見舞いです。

 

寒中見舞いというのは、本来、喪中専門のお見舞いではなくて、季節のあいさつです。

もっと気軽に出してみましょうね。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です