株主優待券を使いネット予約、自動改札機で飛行機に搭乗するには

夏休みや冬休み、あるいはゴールデンウィークなどの混雑時の航空券の予約はなかなか大変です。

とくに、早割28のような割引チケットサービスを買おうとすると、何か月も前からから予約しておくなどの周到な用意をする必要があります。

また、早割チケットは直前になるとフライトの変更に多額のキャンセル料が発生するので、急な用事が入ると普通料金で利用する、あるいはチケットを流してしまうことになりかねません。

でも、株主優待チケットを利用すれば、半額で飛行機に乗れる上に、いろいろと融通が利きます。

スポンサードリンク

kuukou

 

株主優待券のメリット 飛行機の予約

 

株主優待券はANAやJALなどの飛行機会社の株主に向けて発行されるサービスです。

このチケットを使えば、飛行機に普通料金のほぼ半額で乗ることができます。

日本国内であれば多くの場合、半額になります(限度距離内で遠くに行く人ほどお得ですね)。

 

しかも、株主優待券は、普通予約の席が空いていれば利用できるので早割チケットのように早くから少ない席の予約を争う必要もありません。

比較的直前の航空券予約も可能です。

お盆の時期にも買えますので、夏休みは安心ですね。

 

もう一つの利点は、普通料金での予約と同じ扱いなので、直前まで変更が可能だということです。

仕事などの都合でなかなかぎりぎりまで時間が読めない方の場合、こちらで予約しておく方がもしもの時の変更に追加料金が発生しないので安心です。

(早割チケットの場合、フライトを変更しようとすると大きなキャンセル料が発生するので、普通予約とほぼ同じ料金を支払って購入し直すことになります。)

 

株主優待券はJALやANAなどの航空会社の株主になればもらえるのですが、金券ショップやネットオークションでも購入できます。

使用期限の長さにより値段は異なりますが、残り数日のチケットであれば3000円以下で買えることもあります。

東京から札幌とか福岡とかに行くときにはとてもお得ですよね。

 

 

株主優待券を使ってチケットを予約するには?

 

株主優待券がお得なのはわかりましたが、では、どうやって使えばいいのか、使ったことないとわからないですよね。

その使い方(チケット予約と購入の仕方)について説明します。

いくつかあります、簡単なものから書いてみましょう。

 

1.すべて空港のカウンターで手続きする。

空港のお近くにお住まいの方で、インターネットなど使い慣れていない方の場合、空港のカウンターに行けば地上勤務員の方がすべて対応してくれます。

でも、これは地理的に可能で、かつ、時間がある人にしかできないですよね。

 

2.最寄りの旅行会社に株主優待券を持って行って手続きして、発券されたらまた受け取りに行く。

これも、簡単です、でも、手数料取られます。

 

3.ネットで普通予約をして、空港のカウンターで購入するときに株主優待券を手渡して手続してもらう。

 

4.ネットで株主優待券利用購入予約をして、空港の自動改札機で手続きして、株主優待券も機械に投入して航空券を買う。

 

1⇒2⇒3⇒4

の順番に、あなたがやらなければならない手続きは増えます。

でも、空港での待ち時間が一番少ないのは4番目です。

 

 

オンライン予約で株主優待券を使うには

 

航空会社のマイレージクラブなどの会員(年会費無料)になってしまえば、オンラインで予約する時に簡単に株主優待券を使った申し込みができます。

スポンサードリンク

複数の選択肢の中に、「株主優待券を使用する」というものがあります。

kabunusiyuutai

 

ここから申し込めばよいだけなので、書かれているのに従って申し込めば、簡単です。

普通予約と同じ扱いなので、数日前まではオンラインで予約の変更やキャンセルができます。

 

おまけ情報ですが、

年会費を支払うANAのVISAカード、JALのJCBカードなどを作ってしまえば、マイレージポイントも普通のマイレージ会員よりも高い率で付きます。

ついでに電気代、ガス代、水道代、NHK料金などを支払う手続きもそのクレジットカードで済ませてしまうと、飛行機に乗らなくても毎月、けっこうなスピードでマイルがたまります。

我が家も2年間で貯めたマイルで香港旅行に行きました。

 

 

ネットで株主優待券を使って予約して、空港で気を付けること

 

クレジット機能付きのANAカードやJALカードを作って、さらに年会費を支払うタイプにしてしまうと、ネットで航空券を予約し、購入するのも簡単な上に、マイルは2倍のペースでたまります。

さらに、株主優待券を使っての予約も難しくないので、いいことづくめみたいに感じます。

 

でも、ちょっとした難しさはまだ残っています。

実は、空港で自動改札機で手続きをするときに、株主優待券を認識できる機械、限られた台数しか設置されていません。

この画像見てみてください。

 

自動チェックイン機 青とオレンジ 45

 

空色の機械と、オレンジの機械がありますよね。

株主優待券を投入できるのはこのオレンジの機械だけなのです。

 

空色の機械はあちこちに並んでいますが、オレンジの機械はカウンターと同じ並びの場所のごく一部にしかありません。

すいてるからこっちで自動改札しよう、そう思って改札したら、

 

「近くにいる地上勤務員にお尋ねの上、株主優待券の使用についてはカウンターで手続きください。」

なんぞと言われて終わりです。

 

自動改札機で手続きした上に、再度カウンターに並んで地上勤務員さんに手続してもらうしかありません。

二度手間もいいところです。

 

空港の自動改札機、必ず、オレンジの機械(ANAの場合)、あるいは「購入」と書かれている機械であることを確認の上、ご利用ください。

 

 

株主優待券の使い方 まとめ

 

1.株主優待券を手に入れる

2.マイレージクラブに登録する

3.オンラインで「株主優待券で購入する」で購入予約する

4.オンラインでクレジットカードで支払う。

5.空港に行って、「購入・搭乗手続き」と書いてある自動改札機で搭乗手続きする。

 

長々と書きましたが、以上です。

 

最後のところだけ、空港で気を付けてくださいね。

うっかりすると時間が余計にかかっちゃうので(^^;)。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です