クリスマスカード 喪中の人に送ってもいい?クリスチャンの場合は?

喪中の場合、自分がそうでも相手がそうでも年賀状は送りませんよね。

この場合、お正月が終わってから寒中見舞いを送ったりします。

では、クリスマスカード、こちらはどうなんでしょう、やはり送るべきではないのでしょうか?

 

それとも、相手がクリスチャンかどうか、送る相手次第なんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

クリスマスカードのメッセージの本質はキリストの誕生日を祝うこと

 

日本だとクリスマスというと恋人と楽しく過ごす夜のようなとらえられ方をしていますが(笑)、クリスマスといえばイエス・キリストが生まれた誕生日です。

それをお祝いしようというのが本来のメッセージです。

だから、お祝い事なので、やはり忌中や喪中にクリスマスを祝ったり、クリスマスカードを送るのはよくないことのように思われますよね。

 

christmas_wreath_heart

 

でも、関係ないのです。

喪中であってもクリスマスカードを送ることには何も問題ありません。

 

なぜかというと、キリスト教には、喪中・忌中という概念がないからです。

ですから、少なくともあなたや、相手がキリスト教徒である場合にはクリスマスカードを送ることに問題はありません。

 

喪中にいろんな祝い事を避けるというのは、本来、日本の神道の考え方(もっとさかのぼれば陰陽道など)です。

神道の考え方の中にイエス・キリストやキリスト教の概念は入ってきていませんから、関係ありません。

一般的な、キリスト教徒ではない人々にクリスマスカードを送ることもまた、理論的には問題ありません。

 

 

 

クリスマスカード 喪中であっても結婚報告や写真を添えてもいいの?

 

さて、クリスマスカードですが、キリスト教徒の方々から頂くクリスマスカードにはしばしば近況報告や写真などが添えてあったりします。

使われ方としては日本での年賀状に近いものがありますね。

 

christmas_icon_frame1_yoko

 

でも、宗教的な意味合いとしては

「年賀の喜びを申し上げる」ではなくて「特定の故人の誕生日を祝うこと」であって、神道的な慶事ではありません。

ですから、理論上はクリスマスカードを誰に送っても問題はないのです。

 

とはいうものの、冒頭に書きましたが、日本のクリスマスのイメージってどうでしょうか?

なんだか賑やかな音楽が鳴って、イルミネーションが綺麗で、恋人とラブラブデートして、すごく浮かれた楽しいお祭りごとのイメージですよね。

若い人の場合、お正月よりもクリスマスの方が楽しい祝い事のように感じているのではないでしょうか?

 

そう考えると、喪中や忌中にある人がクリスマスカードを受け取った時に、あまりにも楽しげで浮かれた内容が書かれているのって、どうでしょうか?

スポンサードリンク

あまり良い気持ちではないように思われます。

 

 

 

クリスマスカード 手作りで簡単なものにして気持ちを込めて 動画で見てみる

 

喪中の方にお送りするクリスマスカード、キリスト教という論点に立って宗教的に考えれば、別に毎年と同じようなものをお送りされてかまわないと思います。

 

しかし、受け取る側の人の多くは神道の考え方が身についている日本人です。

喪中には普通の飲み会ですら乗り気にならない人が多いですよね。

ましてや日本人にとってのクリスマスってただのお祭りのイメージです。

 

party_christmas

 

そう考えると、そういう方へのクリスマスカードは華美なものにならないように考えて送る方が無難だと思います。

 

具体的にはどんなカードにすればいいのでしょう?

 

クリスマスカードと言っても何が何でも可愛くてきらびやかなイラストででデコレーションする必要はありません。

というか本来、静かに家族でキリスト生誕を祝い、祈りをささげる日ですから、静かな絵柄で全然問題なしです。

 

どんな感じがキリスト教徒の標準なのか、Youtubeを見てみました。

Quick and Easy Christmas Cards

 

赤や緑を使うのは基本中の基本ですね。

シンプルで問題のない感じだと思います。

 

でも、それを祝い事のイメージでとらえられるとあまり嬉しくない人もいるかなと思います。

(気の使い過ぎかもですけど)

 

私のお勧めは、そりの絵や、針葉樹の雪道の絵を使ったクリスマスカードです。

サンタがやってくるイメージですけど、冬の自然のイメージでもありますね。

 

Christmas 2013: Card 3 Sleigh Scene

 

キリスト教的にはこちらの方が楽しいイメージなのかもしれません。

赤と緑の絵柄パターンの方が自然なのかも。

ですが、日本の寒中見舞い的なイメージからすると、自然の風景の絵柄の方が穏やかな気持ちになれるでしょう。

 

 

 

喪中のクリスマスカード まとめ

 

キリスト教に喪中という概念はないので、また、神道の神様とキリスト教の神様は概念が違うので、喪中であってもクリスマスカードを送ることに問題はありません。

クリスマスカードを送り慣れ、貰い慣れている人は喜ぶでしょう。

キリスト教徒であるとわかっている方に送るのは何も問題ありません。

 

でも、一般的な人に送る場合には、違和感を感じる方もいらっしゃると思うので、華美にならないように、抑えめのカードにすることをお勧めします。

 

また、前の年まで、一度もクリスマスカードを送ったことのない人が、喪中の年賀状代わりに使うというのは不自然です、あまりお勧めできません。

寒中見舞いにしておきましょう。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です