スノーボード ヘルメット 頭が大きい日本人に合うメーカーとは?

スノーボードのヘルメット、かぶり方が決まればかっこいいです。

メットに合わせたゴーグル、そしてステッカーで完璧。

でも、海外メーカーのヘルメットって日本人の頭には横幅が狭すぎたりするのです。。。

 

スポンサードリンク

 

 

スノーボード ヘルメット 頭が大きいから合わない人が続出

 

スノーボードが出るまではスキーでヘルメットをかぶる人はそれほど多くありませんでした。

ジャンプやアルペンスキーのような激しい競技をする人の一部がしているだけで、普通のゲレンデでメットかぶってるスキーヤーはいませんでした。

a1180_015996

初めのころはボーダーでも、ニット帽かぶって済ませてる人がほとんどでした。

 

でも、スノボがメインになってからは様相が一変しましたよね。

ジャンプ競技が多いスノーボードではヘルメット装着が当たり前、観光ゲレンデのボーダーたちもみんなヘルメットしてます。

a1180_016046

スキーの初心者の子供もヘルメットしてますね、いいことです。

 

でもね、残念なことに。

日本人の頭の形って、欧米人とけっこう違うんです。

白人や黒人に比べると、前頭骨という骨の幅がすごく広いんです。

Frontal_bone

http://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AFrontal_bone.png

 

この骨の幅が広いと、頭の幅も広くなります。

脳の容積はさほど変わらないので(日本人などのアジア人が少し大きめですが)、前後径は短くなります。

このため、頭の形が全然違うんですね。

日本人の頭は多くの場合、欧米人に比べると左右に幅広く、前後に短いのです。

 

ほとんどのスノボ用のヘルメットは海外のメーカーが作っています。

だから縦長で幅が狭い。

XLサイズとかでも左右の幅がきつくてしばらくかぶっていると頭がずきんずきんとしてきて、スノボどころではありません。。。

 

 

 

スノーボード ヘルメット アジアンフィット GIROの正規輸入品がよいです

 

幅広の日本人の頭に適した形のヘルメットが欲しい。

その要望に応えてGIROが作ってくれたのがアジアンフィットという製品群です。

ま、日本人の、というよりは中国(漢人)や韓国人も含めた東アジアの人々の頭の形向け、ってことですが。

 


送料無料☆2015 GIRO NINE.10 Asian Fit スノーヘルメット スキー スノーボード 大人用 【即納O…

 

これ、人気が高いのですけど、値段も高いです。

(高くはないんですけどね、命を守ることを考えれば)

それでね、ネット上では海外で安く買ってきた並行輸入の製品も売られています。

スポンサードリンク

 

ところが、アジアンフィットのヘルメットって、基本的にはアジア向けなんです。

だから欧米で買い付けようとしてもなかなか手に入らない。

手に入るのはほとんどが欧米の人向けのオリジナルの製品です。

 

だから、日本の正規代理店の「アジアンフィット」を指定して購入することをお勧めいたします。

かぶってみていまいちだと残念だからねえ。

 

 

 

スノーボード ヘルメット 頭が大きい人でも国産なら大丈夫?

 

日本はもともと、バイク王国でしたから、ヘルメットの製作技術は高度です。

AraiとかSHOEIとか言えば世界のトップブランドのヘルメットで、これも日本人のこまやかさ、いろんなサイズのヘルメットのバリエーションがそろっています。

 

「じゃあ、日本製のスノーボード用のヘルメットを買えばいいんじゃね?」

そう思いますよね。

 

ところが、AraiやSHOEIといったオートバイヘルメットのトップメーカーはスノー用のヘルメット作っていません。

日本のメーカーで作ってるところで有名どころは?

とか思って探したらSWANSがありました!

 


2013-2014モデル レーシングヘルメット【スワンズ】SWANS スノーヘルメット HMR-70 【2014】

 

オートバイ用のヘルメットとしては、レース用ではなくて原付バイク向けの簡単なヘルメットしか作ってないという印象がありましたが(偏見です、すみません)、スノーヘルメットを作ってくれてるのは嬉しいですね。

もともと、バイクやスキーのゴーグルのブランドとしては有名だったところです。

通気性とか装着しやすとかではかなりすぐれていると思いますし、メットの形も日本人の頭向けだと思われます。

 

とはいうものの、頭の形なんか人それぞれですよね。

日本人なのに欧米人みたいな頭で前後に長い人もいれば、上から見たらかまぼこみたいな絶壁もいれば、その間のいろんな段階があります。

だから、最終的には、試しにかぶってみるしかないのです。

 

 

 

スノーボードのヘルメットは中にニット帽をかぶるのが普通なの?

 

スキー場でヘルメットを脱ぐ姿を見ると、ニット帽をかぶっている人と、自前の髪の毛でかぶっている人がいます。

これはどちらが正解なのでしょうか?

どっちでもいいです、かぶった時にちょうど良ければ、それでかぶるようにしましょう。

 

「髪の毛が乱れないことを考えれば、帽子で先にセットができるだけつぶれないように決めておいて、その上から大きめのヘルメットをゆるくかぶるのがいいですよ。」

なんていう店員さんがいます。

髪の毛のセットがつぶれにくいから脱いだ時にかっこ悪くならないですよ、と、女性が喜ぶようなことを言うのですね。

 

バイク乗りとしては、この言葉はあきれて絶句しました。

転倒した時の安全のためにヘルメットをかぶるのであって、そのためには大きめでも小さめでもない、ピタリとはまってずれない、苦しくないヘルメットが理想なのです。

そうでないと、頭を保護してくれる役目を果たしません。

 

それどころか、大きめのヘルメットをゆるくかぶっていると、ちょっとした転倒や衝撃でずれて、深くかぶってしまって前が見えなくなったりします。

最悪の場合はヘルメットが後ろにずれて、首ひもで首がしまったりします。

 

理想はジャストフィットです。

ニット帽をかぶって合わせるのであれば、できるだけ、毎回、最初に合わせた時と同じ感じになるようなニット帽にしましょう。

ファッションのためではなくて、あなたの命のためです。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

スノーボード ヘルメット 頭が大きい日本人に合うメーカーとは?」への2件のフィードバック

  1. 藤田

    こんにちわ。ヘルメットを探してて
    行き当たりました。
    なかなか参考になる記事でした。

    ところで、管理人さんの
    このブログはPRIDEの
    トレンドブログスタイルですか?
    なんとなくそうかなー?
    って思って。

    返信
    1. crokan 投稿作成者

      藤田さん

      コメントありがとうございます。

      わたし、頭がかなり大きいので、バイクに乗ってる頃にはヘルメットに悩みましたから、その苦労が伝えられていたら嬉しいです。

      PRIDE、知らずに、他の方から教えていただいてこういう感じで始めて見たのですが、ああ、かなり近いのだなというのを今年になって知りました。

      まあ、書いてみて自分の備忘録としても便利なのでぽつりぽつりと続いています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です