横浜消防出初式2015 みなとみらいの混雑は?当日に観に行ける?

横浜市の消防出初式が2015年も開催されます。

消防車や救急車はもちろんのこと、ヘリコプターやレスキューボートが出動して水難救助訓練も行われます。

映画の海猿の世界がそのまま見れる横浜消防出初式、どうやって観に行けばいいのか、チケットが必要なのかについて

 

スポンサードリンク

 

 

横浜消防出初式 2015年は1月11日の日曜日に開催です。

 

横浜消防局の出初式、2011年から大がかりなものが再開されて、2015年には5回目の開催、かなり気合入ってます。

提携、協賛している企業がたくさんあるんですけど、そのひとつのテレビかながわの協賛で開かれているホームページの見た目が素晴らしい。

これがキャプチャ画像。

 

横浜消防出初式2015J50

http://tvk-coms.co.jp/2015dezome/

消防団の燃える思いが伝わってきます。

 

なんだかちょっと、色調や構図が進撃の巨人の調査兵団のようなイメージもあるんですけど(笑)。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】進撃の巨人 ~人類最後の翼~ CHAIN

 

毎年、基本的には成人式の前の日の日曜日に行われるようですね。

2015年は1月11日の午前11時から午後3時半ごろまで、横浜のみなとみらいで行われます。

2016年は1月12日かな。

 

どのぐらい混むのか、混雑の人での予想では7万8千人です。

みなとみらいのイベントとしてはそれほど混むようなものではないですね。

当日にいきなり行っても見れるのか、ということですが、見れます。

 

ただし、会場から船で見れるクルージングプランなどは事前にチケットを入手していないと座れません。

(いくつかの協賛会社が複数の桟橋から運航しています)

ですが、みなとみらいの会場で立ってみたり、自分で椅子を持って行ってみる分には大丈夫です。

みなとみらいの花火大会のイメージで、だけど人混みははるかに少ない、そういうつもりで出かけていただけば大丈夫です。

 

会場の地図はこんな感じ

横浜消防出初式2015J2

みなとみらい全体を使っていろいろやってますけど、一番見ごたえのあるのは海辺の水難救助訓練と、放水式でしょう。

詳しくは次の段落で

 

 

 

横浜消防出初式 チケットは必要?当日券?何もなくても見れるの?

 

消防出初式の目的は消防隊の役割を広くみんなに知ってもらうことにあります。

ですから、一人でも多くの人にそれを見てもらいたい。

そのために、当日フラッと観に行っても、開始前までに会場に到着すれば十分に見ることができます。

(少なくとも2014年まではそうでした。)

 

一番のお勧めは、水難救助訓練です。

スポンサードリンク

横浜消防出初式02

 

横浜消防局にはSRという部署があります。

スーパーレンジャーというもので、これは自衛隊のレンジャー部隊での訓練を受けて樹立されたものです。

大災害などの特殊救助に備えて今のところは横浜市消防局ならではのレンジャー部隊なのです。

これはもうまさしく、海猿の世界。

 

動画サイトにも実際の様子がありましたので紹介しておきますね。

船やヘリからの救助の姿はめったに見れるものではありません。

それがみなとみらいの公園から診れるのです、大興奮ものです。

 

これを海上から、ちょっとだけ温かいガラス窓越しに見ようという海上クルーズプランがいくつかあります。

一つ、キャプチャ画像で紹介すると、こんな感じです。

横浜消防出初式04クルーズプラン

http://www.reservedcruise.com/plan_20150111.html

 

いいでしょう~~~♪

好きな人はすごく好き♪ いや、わたし、好きです。

会場のどこかでお会いしましょう♪

 

 

 

出初式 横浜や東京だけでなく全国各地で見れます 由来や意義について

 

出初式というのは現在の消防署よりもずっと古い、歴史のあるイベントです。

江戸時代に火事に備えた「火消(ひけし)」が自警団的に構成されて、それがそのまま消防隊へと受け継がれてきました。

その江戸時代の火消が正月の庶民に披露したのが出初式です。

 

古式ゆかしき出初式は東京などで保存されています。

この横浜消防出初式でも、最初に披露されます。

横浜出初式01

 

江戸時代の火消は、現代の放水による消火ではなくて、延焼を止めるための破壊行動でした。

火事で燃えている家の周りの家の屋根まで駆け上り、その家、あるいは周囲の家を打ち壊すように火消の仲間に指示を出すのです。

いかに迅速に軽業師のように、民家の屋根や蔵の屋根に駆け上がれるかが腕の見せ所

その高いところで身軽に動けるさまを見せるのが出初式の芸です。

 

横浜や東京の消防出初式はかなり大がかりなショーになっています。

海猿の撮影みたいなショーが無料で見れるんだからとってもお得。

 

でも、各地の出初式、地方地方で様々な規模で、熱心に開催されています。

これも地域の消防隊の腕の見せ所であり、その地域にユニークな救助方法が披露されたりします。

同時に、災害防止の啓もう活動として重要なものです。

地元の役所のホームページなどで確認して、もしもその日、行けそうだったらちょっとだけでも、たまには楽しいかもですよ?

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です