卒園式 ママの服装 コサージュの色 付ける場所 花の上下の向きは?

卒園式は入園式や入学式に比べれば丁寧で礼節を伴った服装で臨むのが良いとされています。

卒園するまでの数年間の子供の成長と、それを支えてくださった先生方への感謝の念が込められているからです。

でも、黒のスーツがずらっと並ぶなど、重めの色になりがち、華やかさも欲しいですよね。

ということで卒園式に臨むママのスーツにつけるコサージュについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

卒園式ママの服装やコサージュには地域や学校により伝統がある

 

卒園式の母親の服装についてネットで見るといろんな意見があって悩むかと思います。

ですがそれは当然のことなのです。

だって、その地区や幼稚園によって暗黙の了解というか、伝統が形成されているからです。

youchien_sotsuenshiki_girl

黒の上下以外は考えられないという幼稚園もあれば、その年の流行のブランドの様々な格好のお母さんがそろう保育園もあります。

周囲がどうあれ、自分は自分の個性を大事にする、

という方でなければ、それを確認することがまず大事です。

 

お子さんのママ友達で、同じ幼稚園を出たお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる先輩ママに聞くのが一番確実です。

でも、そういうコネクションがいま一つ、ということなら先生に相談してみましょう。

去年やおととしの卒園式のスナップ写真を見せてくださるかもしれませんので、それを参考にすることができます。

 

まずは、ようふくかくにん! ゞ(^^;)

第一歩はそこからです。

 

 

 

卒園式の服装とコサージュの色のバランスはどうするべき?黒と黒?

 

卒園式が黒のスーツ系でフォーマルな場合、どんな色のアクセサリーやバッグを合わせるのが良いのでしょうか?

礼装という視点からすると、黒い服には黒いコサージュを合わせるのがいちばんの基本ですね。

 

黒の上下に黒い花のコサージュというのも物々しいかなと思いますが、これが、コサージュのデザイン次第でずいぶんと印象が変わります。

基本はできるだけ大きな花束や薔薇のデザインです。

そこにブラックパールなどの真珠(もちろんイミテーションでも)をあしらったものがあると地味な中に上品な華やかさがバシッと決まります。

 

でも、黒のフォーマルの集団になりそうな幼稚園の卒園式であるなら、あまりにも黒でそろうのもちょっと怖いので、他の色の選択肢もあります。

フォーマルなら黒でなければゴールドで考えるのが無難ですね、シルバーグレイという線もあります。

もちろん、白あるいはピンクという明るいニュートラル色(何にでもあわせられる色という意味)でも問題ありません。

 


【日本製】【送料込!】手仕事/職人の手作り/1点もの/フォーマルコサージュ/アクセサリー/卒園…

 

お勧めなのは、上に上げたフォーマルの中から、自分の好きな色を選ぶということです。

黒に黒の美しさが好きな人なら文句なしで黒のコサージュがいいし、カッコいいと思います。

でも、ふだんから黒は好きでないあなたの場合、

ピンクなどの明るくかわいい色合いで選んだ方が、式の間中、気持ちが弾んでいるので良いと思いますよ。

スポンサードリンク

 

 

 

卒園式の服装 ママの礼服のコサージュの位置や高さは決まってるの?

 

さて、礼服にコサージュをつけるにあたってのいくつかの注意点です。

まず、左胸と右胸のどちらにつけるかですが、一般的なのは左胸になります。

 

男性のスーツを見ると左の襟にバッジなどをつける穴が開いている(形式だけのものも含めて)のがわかりますよね。

あれはもともと、花を挿すための穴でした。

ということで、花の代わりにつけるコサージュの位置も、スーツの男性であれば左胸ということになります。


大きく開いた蝶の羽の様なモチーフ!本物の鳥の羽根、メタリックな輝き、チェーン!メンズコサ…

 

ただし、女性の場合は左胸限定という慣習はあまりないようです。

ほかのアクセサリーや、スーツではないフォーマルドレスなどであれば、デザインの関係上、右胸につけるのもあり。

とはいうものの、礼装のスーツであれば左胸にしておくのが一般的でしょう。

 

そして、コサージュの位置ですが、できるだけ高いところに付けてください。

胸ではなくて、肩につけるものです。

 

男性のスーツの襟のボタンの位置に花があることを考えれば、せめて鎖骨と同じぐらいの高さにつけましょう。

けっして、名札みたいにならないようにお願いします。

 

 

 

卒園式の服装に花束のコサージュ、花びらと茎の上下関係は?

 

花の部分と茎の部分のある花束の形のコサージュに関しての注意点です。

花束の形のコサージュをママが卒園式につけていく場合、基本的には花びらを下に向けて、茎が上になるようにつけるのが良いとされます。

上についた茎は真上に、ではなくて、少し外に向くように斜めにつけるのがさらによいとか。

 

というのも、花束の形のコサージュは既婚者と未婚者で付ける方向を変えるのが慣習になっているからだという話です。

花束を上にするのが未婚者だけなのだそうです。

ですから、姪御さんの卒園式に代理で出席する未婚のおばさんであれば上に向けても良いけれども、

既婚者の母親の場合、花束は下に向けるべきだというのですね。

 

・・・ほんまかいな?

 

これに関して、英語圏で説明しているところはないかなと探してみましたら、

花束を販売しているホームページでコサージュの歴史についての簡単な説明がありました。

 

http://www.proflowers.com/blog/the-history-of-the-corsage

 

こちらに紹介されていた歴史では、

コサージュは花束を下に向けてつけるのが伝統的なつけ方

だということが書かれていただけです。

 

PollenFloralDesign.com notes that by the 1900s, corsages moved up from the bodice of a woman’s dress toward the shoulder. They were usually pinned on upside down, with the bow at the top, and were much larger than most corsages we see today.

 

未婚者と既婚者で花束の向きを変えるなんてややこしい話は、発見できませんでした。

日本語の情報に関しても、守るべきとする意見と、どちらでもいいとする意見があります。

ただの都市伝説なのかもしれないですね。

 

基本は、花束のコサージュは下向きにつけるもののようです。

 

 

 

卒園式のママの服装 コサージュ まとめ

 

卒園式、黒やーダークカラーのスーツで出かけるなら、お祝いの意味でコサージュでワンポイントを。

スーツと同じ色の花びらにするのがスタンダード。

華やかさがもう少し欲しければ、ゴールド、ピンク、ホワイトなどのニュートラルな色のコサージュで。

 

花束のデザインのブーケは花を下に、茎を上にするのがトラディショナル。

未婚とか既婚とか関係ない。

ということです。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です