成田山の節分のゲスト2015は井上真央と東出昌大の大河ドラマコンビ?

成田山の節分の豆まきでは例年、豪華なゲストを招くことで有名です。

毎年ほぼ恒例なのはその年の大河ドラマの主役級の人々と、大相撲の横綱、大関クラスの人々。

さらには年男の著名人も大勢招かれます。

 

2015年の場合は大河ドラマ「花燃ゆ」の井上真央さんや東出昌大さん。

なま井上真央が見れます!

いつごろ、どうやって観に行けばいいのでしょう?

混雑を避けるには?

 

スポンサードリンク

 

 

成田山の節分の豆まきに大河ドラマの主役や横綱が現れるのはいつ?

 

節分というのは立春の前の日、冬の最後の日のことですね、多くの場合は2月3日です。

この日に豆をまいて、「鬼は外、福は内」と声をかける豆まきの行事、

だれでも子どものころにやったことや見たことがありますよね。

 

この豆まきの行事はお寺でも神社でも広く行われています。

どちらでもOKの日本ならではの風習、でも、地域ごとに有名なお寺や神社がありますよね。

 

setsubun_osumousan

首都圏の人ならみんなが知っているのが

成田山の節分の豆まきです。

 

どうしてこれが人気が高いかというと、芸能人や大相撲の関取がやってきて豆まきに参加してくれるからです。

例年、確実にやってくるのがその年の大河ドラマの主役たち。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」完全ガイドブック

 

今年2015年は「花燃ゆ」の

井上真央さん、(主役の杉文役)

東出昌大さん、(久坂玄瑞役)

伊勢谷友介さん、(吉田松陰役)

優香さん、(杉文の姉の杉寿役)

長塚京三さん (杉百合之助役)

などです。

 

主役や、主役級がずらりですね。

(大沢たかおさんの名前がないのがちょっと寂しい。)

 

豆まきの場所は大本堂・正面特設舞台です。

追儺の豆まきという催しで、以下の時間です。

 

時間 第1回 午前11時/第2回 午後1時30分/第3回 午後4時

注意!

芸能人や関取が出るのは1回目と2回目だけです!

3回目に豆まきするのは知らない年男のおっさんばっかりです。(笑)

 

 

 

成田山新勝寺の節分(豆まき)の混雑状況 いつごろから行っておくのがいいのか?

 

目的が芸能人を見ることであるのならば、できるだけ早く行くことです。

芸能人の豆まきは午前11時からですが、8時前にはいきましょう。

そうしないと、そばでは見えないですよ。

 

そして、ステージのどのへんに芸能人がいるのかですが、T字型になっていて、縦の線に芸能人がくることが多いようです。

スポンサードリンク

さらに言えば、縦のステージの右側から見るか、左側から見るかで、主役級が見れるか見れないか、運命が分かれます。

 

主役級がどっちに来るかは、公表されないのですが、

マスコミがいる場所に立っていればまず外さないみたいです(笑)。

芸能人を撮影できる貴重なチャンスですから、ものにしたいですね。

 


今ならSDカード8GB差し上げます!【1月19日10:00~1月22日23:59ポイント5倍】【送料無料】RICOH…

 

ただねえ、8時から頑張ってても、芸能人が出てくる瞬間って10分ぐらいなんですよねえ。

どのぐらい好きかによりますね、がんばれるかどうかは。

 

今年の井上真央ちゃん。

かわいい。

頑張れるような気がするのですけど、

若かりし頃の山口百恵様であれば前の日の朝8時から出も頑張れる気がします。

 

あ、すみません、昭和のおっさんですねん。。。

 

 

 

成田山新勝寺の参道の両側のウナギの蒲焼屋ってなんかいわれがあるんですか?

 

さて、豆まきが終わったら帰りますが、その前に、時間があればぜひ、ウナギを食べていってください。

もともと、成田さんの近所には印旛沼というのがあって、ここは霞ケ浦と並ぶ大きな淡水の漁場だったんですね。

だからウナギの産地だったのです。

 

田沼意次がここを干拓して広大な米の産地を作ろうとしたのですが、よりによってその工事が始まると大雨が始まって工事は失敗。

田沼意次の改革が失敗して彼が失墜したのは有名な話ですね。

 

そのぐらい、すごい沼地がぞろぞろ存在したのが印旛沼、そのそばにあるのが成田山新勝寺。

ウナギ料理の歴史は長いんです。

せっかくですから、名物料理も楽しんで帰ってください。

 


うなぎ 蒲焼き 国内産 送料無料【ダイヤモンド・プラチナ会員様限定】【送料無料】国産うなぎ蒲…

 

ちなみに、かば焼きの言われ、知ってます?

元々は、ウナギをぶつ切りにして串にさして焼いていたから、蒲の帆のように見えたことから、かば焼きと称したそうです。

 

見た目をそのまま表したもので、しかも現在とは異なるものだったそうです。

 

江戸前の日雇い労働者のチープなお昼ごはんのおかずだったとか。

今では高級料理ですけどね。

不思議なものですね。

スポンサードリンク
LINEで送る
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です