カテゴリー別アーカイブ: 節分の季節

節分と立春と春節(旧正月)と春分の微妙な関係 二十四節気で説明できる?

横浜に住んでいるので、しばしば横浜中華街に行きます。

毎年、2月ごろになると中華街では春節(旧正月)のお祝いで爆竹が響き渡り、中国の獅子舞が踊り狂う夜があります。

 

でも、この「春節」、毎年、何月何日ごろなのかの変動が激しくて、毎年カレンダーで何度も確認します。

九州に住んでる姉は

「旧正月って立春にやるんじゃないの?」

「いや、それは違う、絶対違う、重なることはあるかもだけど。」

と答えたものの、説明できなかったりして。

 

薀蓄(うんちく)語りの弟としてはここはびしっと説明せねばと、学んでみました。

わかりやすい図解付きの備忘録です。

 

続きを読む

成田山の節分のゲスト2015は井上真央と東出昌大の大河ドラマコンビ?

成田山の節分の豆まきでは例年、豪華なゲストを招くことで有名です。

毎年ほぼ恒例なのはその年の大河ドラマの主役級の人々と、大相撲の横綱、大関クラスの人々。

さらには年男の著名人も大勢招かれます。

 

2015年の場合は大河ドラマ「花燃ゆ」の井上真央さんや東出昌大さん。

なま井上真央が見れます!

いつごろ、どうやって観に行けばいいのでしょう?

混雑を避けるには?

 

続きを読む

節分はいわしを食べるのではなくて、本当はボラの頭をかざるものです。

節分はイワシを食べるものだと思っている人が多いようです。

でも、実際には節分にイワシは玄関や裏口などに飾るものなのです。

しかも、本当はイワシじゃなくて10世紀ごろはボラの頭を飾っていたんです。

間違いの積み重ねで現在の風習があるんですね。

 

続きを読む

恵方巻きの牛肉レシピで高級松坂肉を使って1万円オーバーですと?

恵方巻の具材、最近は肉とか海鮮とかいろいろ使われてる。

クックパッドのレシピも豊富ではある。

 

でも、恵方巻って元々は日本の古い風習で、七福神になぞらえた具材とかが大事なんじゃないの?

「松阪牛ステーキと黒毛和牛ローストビーフの恵方巻き」って、いいんですか?

すっごく食べたいけど(^^;)。

 

続きを読む

節分 いわし ひいらぎ 由来といつからいつまで飾るのか 土佐日記から

節分にはイワシの頭をヒイラギに刺して、玄関だけじゃなく、裏口にも飾ります。

柊鰯(ひいらぎいわし)と一言で言われる風習でもあります、最近では行わない家も多いものの、京都に住んでいたころはよく見かけました。

でも、この風習、最初のころとは、飾る魚も、飾る意味も異なってしまっているという不思議な風習です、そのオリジナルが書かれている土佐日記までさかのぼってみましょう。

 

続きを読む

恵方巻 具材と巻き材の工夫で高齢者も誤嚥しにくく安心して楽しめます

恵方巻、もうすっかり季節のイベントになりましたね。

でも、ローソンなどのコンビニの恵方巻にしてもイトーヨーカドーなどの大手スーパーの恵方巻にしても、基本は太い海苔巻です。

それを一気に食べるのって、高齢者にとっては命がけの食事なんです・・・

 

続きを読む