カテゴリー別アーカイブ: エボラ出血熱

エボラ治療薬アビガンは早期投与が重要と動物実験で既知でした

日本で発明された抗ウイルス薬ファビピラビルは、エボラウイルス感染症の治療に使えるのではと期待されていました。

臨床実験で、有効だという結果が出ました。

ところが、「感染者の一部では有効だけど、全員に有効ではなかった。」というなんだか残念な報道のされ方でした。

 

でも、これ、動物実験から予測されていた通りの素晴らしい結果なのです。

動物実験では投与タイミングが速いか遅いかで、マウスの運命が劇的に変わることがすでに報告されていたのですから。

 

続きを読む

日本のエボラ治療薬アビガンはタミフル並みに治療に有効です!

エボラ熱の治療に関して、待っていたすごく嬉しいニュースです。

日本の富山化学工業が開発して富士フィルムが商品化につなげたウイルス増幅阻害剤ファビピラビル(商品名アビガン)が、ウイルス量が中程度の患者の死亡率を半減させたと。

これはインフルエンザに対するタミフルと匹敵する効果だと言えます。

 

・・・ただし、パンツまでびしょ濡れだともう乾かせません(詳細は記事で)。

 

続きを読む

70代女性が海外で活躍に驚いた、シエラレオネのエボラ熱疑いの報道

エボラ熱感染者が日本で出る可能性について以前から危惧しています。

以前にもその可能性が報道されては幸いなことに別の病気でした。

 

シエラレオネから帰国した女性が感染疑いで検査中という報道。

今回は何に驚いたと言って、シエラレオネに仕事で滞在されていたその女性が70歳代であったということです。

続きを読む

インフルエンザ 潜伏期間 いつごろから感染する?検査・診断できる?

インフルエンザウイルスに感染すると、平均して2~3日後に発症します。

早い人だと16時間後に、遅い人でも5日後ぐらいに発症します。

発症までの潜伏期間中、他の人に感染させることはあるのでしょうか?そしてそれは検査できるのでしょうか?

 

続きを読む

リベリア エボラ流行地 旅行 帰国後発熱の日本人 渡航歴を告げずに受診

リベリアのエボラウイルス感染症、収束に向かいつつあるというものの、依然として大勢が感染してます。

そのエボラ流行地に滞在して、帰国後、いい歳した大人が、というか一番分別があるべき60歳がなぜこんなことをするのか?

アメリカでエボラウイルス感染症が広がってしまった教訓が全く生かされていない。。。

 

続きを読む

エボラウイルス感染 治療法 現時点で確実なのは・・・

2014年に流行中のエボラウイルス(エボラ・ザイール)に感染してしまったら、致死率は50%から90%といわれています。

なぜ助からないのか、助ける方法はあるのか?

現時点で助かる確率の高い治療法として確認されているものが、ひとつだけ、あります。

 

続きを読む

エボラウイルス 感染しやすいのはアトピー性皮膚炎・乾燥肌の人

西アフリカで猛威をふるい続けているエボラウイルス感染症。

いつか日本にも来るかもしれません。

そのとき、実は日本人の中でも、感染しやすいだろうと思われる人たちがいます。。。

 

続きを読む

いきなりエボラの患者さんが来たら一般病院は診療後にパニック

エボラウイルス感染症の方はまだ日本で見つかっていません。

しかし、その時に備えて、各都道府県の基幹病院が急いで準備中です。

でも、患者さんがそういう基幹病院に行きなり行くかというと、そんなことないですよね、紹介状がないと見てもらえないからと思って普通の診療所にまず行く可能性があります。

続きを読む

エボラウイルス感染を防ぐ 手洗い・消毒は有効なの?逆に危険なの?

エボラウイルスの三次感染疑いの方々がスペイン、アメリカなどで特定され、隔離・管理され始めました。

思っていたよりも早いスピードで西側先進国で拡散しつつあるエボラウイルス感染症。

日本でも当たり前に見られるようになった時にどのように防げばいいのかについて

続きを読む

エボラ出血熱感染が日本では検査できない?そんな馬鹿な?

アメリカで二人目の国内感染者が出た模様ですね、エボラウイルス感染症(EVD)。

やはり、アフリカから入国して発病した方の看病にあたっていた看護師の女性です。

まだ確定診断ではないということになっていますが、簡易検査で陽性であればほぼ間違いないと思って対処すべきです。

 

エボラ出血熱の感染の検査方法についての覚え書きです。

続きを読む