タグ別アーカイブ: エボラ熱の薬

エボラ治療薬アビガンは早期投与が重要と動物実験で既知でした

日本で発明された抗ウイルス薬ファビピラビルは、エボラウイルス感染症の治療に使えるのではと期待されていました。

臨床実験で、有効だという結果が出ました。

ところが、「感染者の一部では有効だけど、全員に有効ではなかった。」というなんだか残念な報道のされ方でした。

 

でも、これ、動物実験から予測されていた通りの素晴らしい結果なのです。

動物実験では投与タイミングが速いか遅いかで、マウスの運命が劇的に変わることがすでに報告されていたのですから。

 

続きを読む